院長ブログ

アンチエイジング

  • カテゴリーなし

ビスタシェイプの症例紹介

ビスタシェイプの症例紹介

詳細

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、当院の若返りの人気メニュー「ビスタシェイプ」についてご説明します。

 

顔の老化は、肌にだけ起きる現象ではありません。

脂肪や筋肉、骨にまで老化は及びます。

ビスタシェイプは、皮膚よりも深い層の老化に対応した若返り治療です。

 

●ビスタシェイプとは?

骨や筋肉、脂肪が老化によってボリュームが少なくなり、さらに重力によって下垂した状態に対して、ヒアルロン酸でボリュームを補いリフトアップするといった治療になります。

 

しかし、ただヒアルロン酸を注入してもリフトアップ効果は得られません。

頬を上方に強く引き上げた状態で、頬骨の骨膜上に少量のヒアルロン酸を4~5ヵ所に注入することで、引き上げた手を放しても100%元の状態には戻らない程度のリフトアップ効果が得られます。

 

フェイスラインにおいては、エラ骨(下顎角)の咬筋を後方にしっかり引っ張った状態でエラ骨の骨膜上に適切な量のヒアルロン酸を注入することで、フェイスラインがシャープになってきます。

この際に、顎の骨膜上にもヒアルロン酸を入れて両サイドからフェイスラインにテンションをかけると効果的です。

 

治療はヒアルロン酸を注入する方法ですので、フェイスリフトの手術程の変化ではありませんが、腫れもほとんどなく、ダウンタイムも少なく日常生活をしながらお手軽に顔の印象が若返ります。

 

 

ビスタシェイプの経過写真

左:施術前 右:施術3ヶ月後

 

施術前

ほうれい線、マリオネットライン、顎、たるみによるぼやけたフェイスライン、目の下のくま等が気になるポイントになります。

 

当日

頬の骨膜上に0.1㏄ずつ、片側5ポイントでリフトアップし、顎とエラ骨の骨膜上に計1㏄いずれもボリューマを注入しました。

眼の下とほうれい線・マリオネットラインには、ボリフトを1㏄注入しました。

手術のような腫れや出血はほとんど見られません。

施術後は少しお冷やしをし、お化粧をして帰っていただきます。

 

 

1週間後

内出血もなく、目の下のくまの改善・ほうれい線とマリオネットラインが薄くなり、顎は量が少なかったわりに少し前に出ています。

ぼやけていたフェイスラインもシャープになっています。

3ヶ月後

良い状態が維持されています。

今後のプランとしては、顎をもう少し前に出すとEラインが整ってくると思います。

また、額やコメカミもボリュームを出して少し丸みを持たせることで、さらに若返りをはかることができると思います。

 

 

【施術内容】

ビスタシェイプ          詳しいビスタシェイプのページはこちら>>

 

【費用】※税抜

・パーツ注入(注入量:1cc) …80,000円

・〈スタンダート〉リフトアップ(注入量:3cc) …180,000円

・〈オーダーメイド〉エイジングプラン(注入量:5cc) …300,000円

・(オーダーメイド〉”スペシャル”エイジングプラン(注入量:10cc) …600,000円

※必ず事前にカウンセリングをお受けいただく必要があります。初診料3,000円要

 

【持続効果】

18~24ヶ月 ※個人差があります

 

【リスク・副作用・合併症】

軽度の腫れ/手術中の痛み/術後の内出血/左右差/小さな針穴の跡/凸凹/異物感/違和感

ヒアルロン酸新製剤「ボリフトXC」導入しました。

ヒアルロン酸新製剤「ボリフトXC」導入しました。

詳細

 

こんにちは。ツツイ美容外科の筒井です。

 

今日は、9月に発売されたばかりのヒアルロン酸「ボリフト」をご紹介します。

現在日本では、たくさんのヒアルロン酸が出回っていますが、厚生労働省の認可を受けたヒアルロン酸はわずかしかありません。

 

ボリフトはボリューマ同様に厚生労働省の許可を受けたヒアルロン酸です。

 

特徴は、肌になじみやすく、異物感というか、入っている感が少ないということと、持続が1から2年で長いということです。

 

一般のヒアルロン酸は水分を吸収して、膨張して皮膚の上から触ると柔らかいシコリの様に触れる事が多いのですが、ボリフトの場合は組織になじみやすいので、マッサージして伸ばすと、どこに入れたかわからないくらい自然な仕上がりになります。

 

これは、アラガン社独自のVYCROSS技術によって可能になっています。

高分子量と低分子量のヒアルロン酸を混合することで、効率よく架橋されるため、ヒアルロン酸による網目構造がより密になっています。

 

そのため、酵素分解がされにくく、持続効果が長くなっています。

 

水の吸収も少なく、膨張しにくい為、組織になじみやすくなっています。

ボリューマも同じVYCROSS技術で誕生したヒアルロン酸ですが、使い分けはボリューマは骨膜上の深い層に入れてフェイスラインのような骨格を整えたり、リフトアップに用います。

 

ボリフトは中間層や浅い層に入れて小じわや表層のくぼみ改善・肌のハリを作るのに適しています。

 

ヒアルロン酸による若返り技術(ビスタシェイプ)が更に進化しています。

 

進化したヒアルロン酸製剤によって、シワ以外にも輪郭形成やリフトアップといった様々な治療効果を期待できるヒアルロン酸【ボリフトXC・ボリューマXC】。

 

本当に一押しのおすすめ新製剤です!!

 

 

 

厚生労働省認可 ヒアルロン酸【ボリフトXC】1CC 1本…86400円

★ 適応部位:法令線・ゴルゴ線(目の下のくま)・目元・マリオネット・口周囲・フェイスライン・額・唇・顎

★持続:約18ヶ月

★ダウンタイム:内出血、腫れ

★施術時間:15分~

シミ・そばかす・ニキビ・ニキビ跡にピコレーザー(ピコシュア)⭐︎

シミ・そばかす・ニキビ・ニキビ跡にピコレーザー(ピコシュア)⭐︎

詳細

ピコレーザー

ツツイ美容外科、院長の筒井です。

 

こんにちは

長らくご無沙汰しています。

 

もう冬の寒さが

厳しい季節になりましたね。

 

皆様お元気にされて

いますでしょうか?

 

今日は、10月末に導入した

ピコレーザー(ピコシュア)

についてお話したいと思います。

 

ピコレーザーは、現在、

美容皮膚科学会全で

非常に注目を浴びている

革新的なレーザーです。

特にタトゥーの除去の

治療に優れています。

 

 

ピコレーザー

 

従来使用していた

Qスイッチレーザーは

治療回数が10回以上かかったり

色素が残ったり、火傷跡ができたり

ということがありましたが、

 

ピコレーザーでは、

治療回数が半分程度になり、

かなりキレイに色素も取れ、

火傷のリスクも少なくなっています。

 

日本国内では

現在、いくつかのメーカーが

ピコレーザーを取り扱っています。

その中でも一番最初に開発した

サイノシュアー社のピコレーザー

(ピコシュア)を当院では、導入しました。

 

それは、タトゥーの治療というよりも

美肌治療器として米国FDA

(日本の厚生労働省)の認可を受けた

唯一のピコレーザーだからです。

 

当院では、タトゥー除去よりも

美肌治療で来院される方が多いので

従来使用している、I2PL(光治療)や

レーザーフェイシャルよりも

少ない回数でより治療効果を高められ、

満足度が高くなるのではないかと考えています。

 

ピコシュアは、

シミ・そばかすだけでなく

ニキビやニキビ跡、

小じわ、毛穴の開大等の

改善効果があり、若々しく、

ハリのある肌にしてくれます。

 

現在、ピコスペシャル

(シミ・そばかす・ニキビ・毛穴)

ピコトリプル

(ピコスペシャルに加え、

((局所に濃いシミのある場合))

ニキビ跡・小じわ)

のモニターを期間限定で

特別価格で募集しています。

 

ご興味のある方は

ぜひお問い合わせください。

 

 

 

▼▼ツツイ美容外科のピコレーザーの詳しい詳細はこちら▼▼
visual

  • WEBで予約する
  • メールで予約する