院長ブログ

フェイスリフト

  • カテゴリーなし

ビスタシェイプの症例紹介

ビスタシェイプの症例紹介

詳細

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、当院の若返りの人気メニュー「ビスタシェイプ」についてご説明します。

 

顔の老化は、肌にだけ起きる現象ではありません。

脂肪や筋肉、骨にまで老化は及びます。

ビスタシェイプは、皮膚よりも深い層の老化に対応した若返り治療です。

 

●ビスタシェイプとは?

骨や筋肉、脂肪が老化によってボリュームが少なくなり、さらに重力によって下垂した状態に対して、ヒアルロン酸でボリュームを補いリフトアップするといった治療になります。

 

しかし、ただヒアルロン酸を注入してもリフトアップ効果は得られません。

頬を上方に強く引き上げた状態で、頬骨の骨膜上に少量のヒアルロン酸を4~5ヵ所に注入することで、引き上げた手を放しても100%元の状態には戻らない程度のリフトアップ効果が得られます。

 

フェイスラインにおいては、エラ骨(下顎角)の咬筋を後方にしっかり引っ張った状態でエラ骨の骨膜上に適切な量のヒアルロン酸を注入することで、フェイスラインがシャープになってきます。

この際に、顎の骨膜上にもヒアルロン酸を入れて両サイドからフェイスラインにテンションをかけると効果的です。

 

治療はヒアルロン酸を注入する方法ですので、フェイスリフトの手術程の変化ではありませんが、腫れもほとんどなく、ダウンタイムも少なく日常生活をしながらお手軽に顔の印象が若返ります。

 

 

ビスタシェイプの経過写真

左:施術前 右:施術3ヶ月後

 

施術前

ほうれい線、マリオネットライン、顎、たるみによるぼやけたフェイスライン、目の下のくま等が気になるポイントになります。

 

当日

頬の骨膜上に0.1㏄ずつ、片側5ポイントでリフトアップし、顎とエラ骨の骨膜上に計1㏄いずれもボリューマを注入しました。

眼の下とほうれい線・マリオネットラインには、ボリフトを1㏄注入しました。

手術のような腫れや出血はほとんど見られません。

施術後は少しお冷やしをし、お化粧をして帰っていただきます。

 

 

1週間後

内出血もなく、目の下のくまの改善・ほうれい線とマリオネットラインが薄くなり、顎は量が少なかったわりに少し前に出ています。

ぼやけていたフェイスラインもシャープになっています。

3ヶ月後

良い状態が維持されています。

今後のプランとしては、顎をもう少し前に出すとEラインが整ってくると思います。

また、額やコメカミもボリュームを出して少し丸みを持たせることで、さらに若返りをはかることができると思います。

 

 

【施術内容】

ビスタシェイプ          詳しいビスタシェイプのページはこちら>>

 

【費用】※税抜

・パーツ注入(注入量:1cc) …80,000円

・〈スタンダート〉リフトアップ(注入量:3cc) …180,000円

・〈オーダーメイド〉エイジングプラン(注入量:5cc) …300,000円

・(オーダーメイド〉”スペシャル”エイジングプラン(注入量:10cc) …600,000円

※必ず事前にカウンセリングをお受けいただく必要があります。初診料3,000円要

 

【持続効果】

18~24ヶ月 ※個人差があります

 

【リスク・副作用・合併症】

軽度の腫れ/手術中の痛み/術後の内出血/左右差/小さな針穴の跡/凸凹/異物感/違和感

  • WEBで予約する
  • メールで予約する