耳ピアス

耳ピアス– ABOUT –

ピアスの穴あけ(ピアッシング)は医療行為です。 ご自身でおこなうと、歪み・左右差・炎症などのトラブルが生じるリスクがあります。
医療機関での穴あけは、安全性・衛生面はもちろん、位置や角度のバランスが美しいピアスホールを作ることができます。当院では、耳たぶだけでなく、ヘリックスやトラガスなどさまざまな部位に開けることができ、ピアスの種類も豊富に取り揃えております。また万一ピアストラブルが起きた際も、医師が適切な治療をさせていただきます。もちろん当院以外で開けられた場合のピアストラブルも治療が可能です。万全のフォロー体制で安心して施術を受けることができます。

こんな方に向いています– RECOMMENDED –

当院のピアッシングがおすすめの方の例

  • ピアスを開けたい
  • できるだけトラブルを起こしたくない
  • 金属アレルギーでもオシャレを楽しみたい
  • 自分で穴を開けて失敗した

当院のピアッシングの特徴– CHARACTERISTIC –

  • 特徴その1 バランスの美しい
    ピアスホールに仕上がる

    ピアスは「穴を開ける位置」「角度」「アフターケア」が大切です。経験豊富な医師または看護師が、患者様の希望の位置に合わせて、耳の形やバランスなども考慮した上で、デザインし穴を開けていきます。また施術後には正しいアフターケアのご説明をさせて頂きます。

  • 特徴その2 痛みの少ない施術

    ニードルでの穴開けでは施術前に局所麻酔を行います。酸度(ペーハー)を調整した麻酔液を使用し、皮膚の抵抗が少なくなるように刺入することで、痛みを最小限に抑えられるように工夫しております。
    ピアッサー使用の際は、局所麻酔なしで穴開けをします。痛みが気になる方は、テープ麻酔のご利用が可能ですのでお声がけください(有料)

  • 特徴その3 さまざまな部位に
    ピアッシングが可能

    ピアッシング可能位置 ピアッシング可能位置

    耳たぶのピアッシングだけでなく、軟骨部分のヘリックス・トラガス・インナーコンクなどさまざまな部位に対応しています。基本的にはピアッサーで看護師がピアッシングします。ピアッサーでは届かない範囲は医師により局所麻酔をした後、ニードルでピアッシングします。

  • 特徴その4 金属アレルギーの方も安心
    厳選した
    高品質のピアス使用

    当院では、純チタン処理医療用ステンレスのピアスをご用意しております。金属アレルギーの方でもお使い頂けますので安心です。

  • 特徴その5 ピアスの種類が豊富

    ピアスの種類

    ※写真のピアスはイメージ写真です

    ファーストピアスからおしゃれを楽しんで頂けるよう、ピアスの種類を豊富に取り揃えております。またご自身のピアスをご持参いただいても施術可能です。
    ※ご持参されたピアスによっては対応できない場合もございますのでご了承くださいませ。

  • 特徴その6 万全の
    アフターフォロー体制

    当院で開けられた方はもちろん、他院のピアストラブル、ご自身で開けられた際のトラブルも対応可能です。医師による適切な処置で、ピアスホールを閉じることなく治療ができます。ピアスに関する相談やお悩みはお気軽にお申しつけください。

施術の概要・副作用– SIDE EFFECTS –

  • 施術時間

    5分~10分程度。

  • 痛み

    ピアスガン・ピアッサー使用
    施術はすぐに終了するためほとんど痛みはありません。痛みを感じる場合もありますが数分~数時間で軽減します。
    ニードル使用
    局所麻酔で少しチクッとする痛みがありますが、我慢できる程度です。施術中の痛みはほとんどありません。

    痛みが心配な方はテープ麻酔でのご案内が可能です。(有料)

  • アフターケア

    穴を開けた後、約1ヶ月間はピアスを外さず、当院処方の消毒液ジェルで1日1回消毒をし清潔に保ってください。(軟骨の場合は約3ヶ月間)洗い流すタイプの消毒ジェルのため、消毒後はシャワー等で洗い流してください。軟骨部位を開けられた際は、消毒しシャワー等で流した後、軟膏を塗布してください。

  • 洗顔・入浴・シャワー

    当日から可能。

  • 注意事項

    一部の方にケロイドや肉芽になるリスクがございます。

ご予約・お問い合わせはこちら

施術の流れ– FLOW –

  • 1マーキング

    鏡を見ていただきながら、ピアスホールの位置を決めます。耳の形や左右差などを考慮しながら計測し、バランスを考えてホールの位置をご提案致します。

  • 2消毒

    皮膚表面の消毒を行い、清潔な状態にします。すぐに終了しますので、痛みや出血はほとんどありません。ご希望の方はテープ麻酔を使用することも可能です。(別途料金発生)

  • 3ピアッシング

    滅菌されたピアスを用いて穴を開けます。すぐに終了するため、痛みや出血はほとんどありません。ご希望の方はテープ麻酔を使用することも可能です。(別途料金発生)

    ・耳たぶ
     ピアスガンで穴を開けます。
    ・軟骨(ピアッサー使用)
     ピアッサーで穴を開けます。
    ・軟骨(ニードル使用)
     局所麻酔をした後、ニードルで穴を開けます。

  • 4アフターケア

    ピアスを装着した後、軟膏を塗布し終了です。
    ピアスは施術後のケアが重要になります。注意事項やご自宅での消毒方法など詳しくご説明致します。

料金– PRICE –

  • ピアス

    耳軟骨

    穴あけ代金(ピアッサー使用)

    1ヶ所 2,200円(税込)

    +ピアッサー代 2,200円(税込)

    +消毒代 1,650円(税込)

    穴あけ代金(ニードルの場合)

    1ヶ所 5,500円(税込)

    +消毒代 1,650円(税込)

    トラガス

    穴あけ代金

    1ヶ所 5,500円(税込)

    +ピアス代 4,400円(税込)

    +消毒代 1,650円(税込)

    耳たぶ1ヶ所

    穴あけ代金(ピアス当院購入)

    1ヶ所 1,100円(税込)

    +ピアス代 4,400円(税込)

    +消毒代 1,100円(税込)

    穴あけ代金(ニードルの場合)

    1ヶ所 5,500円(税込)

    +消毒代 1,100円(税込)

    インダストリアル

    穴あけ代金

    11,000円(税込)

    +消毒代 1,650円(税込)

    インナーコンク

    穴あけ代金

    5,500円(税込)

    +消毒代 1,650円(税込)

    ※ピアストラブルについて
    ●当院施術の場合
     【6ヶ月以内】処置料(3,300円(税込))+診察料+薬代
     【6ヶ月超過】処置料(11,000円(税込))+診察料+薬代
    ●他院施術、ご自身で開けられた場合
     処置料 (11,000円(税込))+診察料+薬代

※自由診療となります。

よくあるご質問– Q&A –

  • ピアッシング後、気をつけることはありますか?

    筒井康文院長の写真

    筒井 康文院長からのアンサー ピアスホールが完成するまでに1ヶ月ほどお時間がかかります。

    睡眠時は枕などで耳を圧迫しないようにお気をつけください。また、髪の毛や衣類の着脱時などに引っかからないようご注意ください。(軟骨の場合は約3ヶ月間)

  • 金属アレルギーですがピアスは開けられますか?

    筒井康文院長の写真

    筒井 康文院長からのアンサー 可能です。

    金属アレルギー対応の純チタン製や医療用ステンレス製のファーストピアスをご用意しております。

  • 翌日からピアスを付け替えても大丈夫ですか?

    筒井康文院長の写真

    筒井 康文院長からのアンサー 最低でも1ヶ月間はお控えください。

    ピアスの穴が安定するまでおよそ1ヶ月は必要です。1ヶ月間は、他のピアスへの付け替えは避けていただくようお願いしております。1ヶ月経過し、特にトラブルが無ければ付け替え可能ですのでファッションピアスをお楽しみください。(軟骨の場合は約3ヶ月間)

  • いつまでも浸出液が出ます。どうしたらよいですか?

    筒井康文院長の写真

    筒井 康文院長からのアンサー 放置せず、適切な治療を受けましょう。

    穴を開けた後、1~2ヶ月経過してもピアスホールが安定せず、痛み・赤み・腫れ・膿みなどの症状がある場合はご連絡ください。状態によってはシリコンチューブに付け替え、ピアスホールを残したまま治療することも可能です。

  • ピアスが埋まってしまった場合、どうしたらよいですか?

    筒井康文院長の写真

    筒井 康文院長からのアンサー ご自身で触らず、適切な処置を受けましょう。

    ピアスのヘッドやキャッチが小さすぎたり、キャッチを強く締めすぎていると、ピアスが耳に埋まってしまうことがあります。埋まって取れなくなってしまったピアスは、局所麻酔をしてから丁寧に処置します。ピアスホールを塞ぐことなく治療が可能です。

 

ご予約・お問い合わせはこちら