しわ

悩み別施術一覧
– LIST –

たるみしわ
ほうれい線・ゴルゴ線・マリオネットライン

表情じわ

悩みの原因とメカニズム– POINT –

しわやたるみの原因

しわやたるみの原因のイメージ画像

お肌は骨・筋肉・皮下脂肪(皮下組織)・真皮(皮膚)・表皮(皮膚)の5つの層から成り立っています。
しわやたるみは皮膚の表面だけで起きているものと思われがちですが、実はこれらすべての層が関わっています
加齢とともにそれぞれの層に変化が起き、しわやたるみとしてお肌の表面にあらわれます。

加齢による皮膚の変化

加齢や紫外線・ブルーライトを長年浴び続けることで皮膚の真皮層にあるコラーゲン(膠原線維)やエラスチン(弾力線維)の量が少なくなり、また働きも弱くなります。
その結果、肌のハリや弾力性が低下します。更にヒアルロン酸も少なくなり肌の保水機能が低下してきます。

また、皮膚の表皮には肌のバリアの役割をしている角質層があります。角質の細胞と細胞は、セラミドを主成分とする細胞間脂質でしっかりと結びついています。加齢によって細胞間脂質が減少すると角質細胞間の結びつきが弱くなって水分が蒸発しやすくなり、肌が乾燥しやすくなります。
以上のような表皮と真皮における皮膚の変化が、しわをつくる原因となります。

加齢による皮膚の変化のイメージ画像

加齢による皮膚の変化のイメージ画像

加齢による皮下組織(皮下脂肪・筋肉)の変化

加齢とともに皮下脂肪の減少や移動、靭帯が緩んで下垂することで、お顔はたるみ、ほうれい線などのしわの溝を深くさせます。また、ボリュームがなくなっていくことで、額やこめかみの凹み、頬のコケなどを引き起こし、老けた印象にさせてしまいます。

加齢による皮下組織(皮下脂肪・筋肉)の変化のイメージ画像

加齢による骨の変化

加齢とともに筋肉が萎縮し骨もボリュームが減少することで、顔全体が立体感をなくし、老けた印象させてしまします。
骨は土台として、筋肉や皮下脂肪(皮下組織)、真皮(皮膚)、表皮(皮膚)を支えています。骨に変化が起きると皮下脂肪(皮下組織)、真皮(皮膚)、表皮(皮膚)が十分に支えられずに垂れ下がり、たるみやしわを引き起こします。

加齢による骨の変化のイメージ画像

筋肉の働き

顔の表面にある表情筋の筋肉を繰り返し収縮させることで、額・眉間・目尻・鼻根・顎などにシワが現れます。
表情じわは、本来一時的なものですが、繰り返し筋肉を動かし続け、加齢とともに皮膚の弾力も低下することによって、慢性化することで刻みじわとなってしまいます。

筋肉の働きのイメージ画像

筋肉の働きのイメージ画像

しわができる箇所と
その特徴– PART –

シワができる箇所とその特徴のイメージ画像

たるみじわ(体表的なしわ)

  • ゴルゴライン

    目の疲労やストレスが原因となり、老廃物や血液がたまることによってできるしわです。実年齢より老けた印象を与えます。

  • ほうれい線

    皮膚や筋肉のたるみが原因で、加齢とともに段々と目立つようになります。ハの字に深く刻まれたしわは、老けた印象を与えます。

  • マリオネットライン

    口角から顎に向かって下へ伸びる、たるみを感じさせるラインです。ふっくらとした顔の人ほどできやすい傾向があります。

表情じわ(代表的なしわ)

  • おでこの横じわ

    この部分のしわは、疲れた印象を与えます。化粧で隠そうとしても、くぼみにファンデーションが詰まって余計に目立つこともあります。

  • 眉間の縦じわ

    眉間にしわがあると不機嫌な顔に見られがちです。イライラしたときや細かい文字を見るときにできるしわは、消えないしわの原因にもなります。

  • 目尻のしわ(笑いじわ)

    笑った時などにできるしわです。眼の周りの皮膚や眼の周りの筋肉が衰えてくると、表情を戻してもしわが残ったままになります。

  • 顎のしわ(梅干しじわ)

    口を閉じたときに筋肉が緊張して、下顎の先にしわができることがあります。このしわは俗に梅干しじわと言われることもあります。

注入療法一覧– LIST –

ベビーコラーゲン

ベビーコラーゲンの画像

今まで治療が難しかった、目の周りや口元の小じわを改善。目の下のクマにも注入することができ、よりナチュラルに仕上げたい方にお勧めです。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入の画像

加齢によるボリュームの減少などで影や溝ができる原因にアプローチし、しわやたるみを改善するだけでなく、鼻を高くする・目を大きくする・唇をふっくらとするなど、パーツ形成も出来ます。
即効性・安全性・手軽さの面で非常に優れ、ツツイ美容外科で人気の治療です。

ボトックス注射

ボトックス注射の画像

ボツリヌス菌タンパクを利用して筋肉の力を低下させ働きを弱めることで、表情しわをできなくします。額や眉間、目尻などのしわに有効です。

PRP注入療法(自己多血小板血漿注入療法)

PRP注入療法(自己多血小板血漿注入療法)の画像

ご自身の血液内の血小板を用いて肌のシワ・たるみ・くまなどを治療する最新の再生療法。血小板に含まれる成長因子の作用により、コラーゲンが増殖され、肌の組織が再生されて、肌にハリが生まれてきます。

脂肪注入

脂肪注入の画像

自身の余分な脂肪を吸引して濃縮した状態でしわやくぼみに注入してボリュームアップする方法。鼻唇溝(ほうれい線)や口角など、しわだけでなく深いくぼみのある部分の改善に有効です。

機械一覧– LIST –

注入療法に比べるとしわに対しての効果は低いと言わざるをえませんが、小じわの場合は、ある程度の効果は期待できます。

水光注射

水光注射の画像

ヒアルロン酸を中心とした美容薬剤を皮膚の浅い層にダイレクトに注入し、ハリ・弾力・潤いに満ちたツヤ肌を取り戻します。

ダーマペン4(マイクロニードリング療法)

ダーマペン4(マイクロニードリング療法)の画像

マイクロ針がついた電動のペンでお肌に微細な穴を一時的に垂直に開け、薬剤の有効成分を真皮へ届ける力と、創傷治癒力を利用して肌の生成を図る治療法です。

ピコレーザー

ピコレーザーの画像

ピコフラクショナルモードでは、肌を傷付けずに真皮のコラーゲンやエラスチンを増加させます。肌のハリや小じわ、毛穴の開き、ニキビ跡といった肌質そのものの改善が期待できます。治療後は、肌表面にカサブタができることなく赤みがでる程度です。

フラクショナルCO2レーザー(ブリッジセラピー)

フラクショナルCO2レーザー(ブリッジセラピー)の画像

皮膚の表面を点状に蒸散させると同時に皮膚の奥深くまで円柱状の熱凝固ゾーンを形成させ、創傷治癒力を利用して肌の生成を図る治療法です。深部まで十分な組織の入れ替えが可能です。

HIFU(高密度焦点式超音波療法)

HIFU(高密度焦点式超音波療法)の画像

超音波エネルギーで筋膜層・脂肪層・真皮層をピンポイントに狙い撃ち。点状に無数の熱を加えてフェイスライン・目元をギュッと強力にひきしめリフトアップします。コラーゲン生成を促進させ、たるみだけでなくハリや弾力を改善し肌の若さを取り戻します。

ツツイ美容外科が
選ばれる3つの理由

施術中のイメージ画像

豊富な症例件数
医師の豊富な技術と知識

ツツイ美容外科のモットーは安心・安全をベースに患者様を第一に考えた高品質な医療サービスの提供です。1988年開院時より蓄積してきた豊富な臨床経験。日進月歩する最新の医療機器の導入。充実した医療機器や確かなエビデンスに基づいた美肌治療を通し、皆さまのQOLを高め長くお付き合いさせて頂ける総合医療を目指しています。

お客様との会話風景

明確で細かい価格表記

患者様に安心して施術を受けて頂くために、開院以来、利益を抑えた常識的な価値に見合った適正価格を守り続けています。 HPも細かい詳細まで明確表記し、カウンセリングにおきましてもしっかりと治療内容と料金を明確にお伝えし、納得頂いた上で治療を受けて頂きます。

機械を使用した施術中のイメージ画像

ひとりひとりの患者様に
合わせた一番の提案

カウンセリングでは、患者様一人ひとりとしっかり向き合い「こうなりたい」という希望やお悩みを細かくヒアリングし、治療方法や効果、持続性やダウンタイム等の患者様のご要望や生活スタイルに合わせて最適な治療提案ができるように、豊富な治療メニューを取り揃えています。

ご予約・お問い合わせはこちら