ビタミンA治療
ツツイ美容外科ではビタミンAに着目し、レーザーとビタミンAの併用治療を推奨しています。

ビタミンA及び抗酸化成分は、単独でも肌を若々しく、キレイにしてくれますが、レーザーや光、ニードリング治療と併用することでさらにその効果は高くなります。より効果的に受けていただくためにビタミンAのアフタートリートメントや、また治療後の効果をより長く持続させ、さらにその効果を高め、再発防止のためのスキンケア指導を実施しています。

院長
エンビロン(ビタミンA高機能化粧品)

日々の生活リズムや環境など肌に関わるさまざまなデータを分析し、豊富なラインナップのホームケア製品から、あなたの肌に最適なお手入れをご提案します。

詳しくみる
ビタミンAC超音波イオン導入

ホームケアだけではカバーできない肌のダメージに、エンビロン独自のマシンを最先端の高技術皮膚科学に沿ったフェイシャルトリートメントをおこなうことで、ビタミンAなどの美容成分を肌がもっとも必要としているところに届け、気になるお悩みに集中的にアプローチできます。

詳しくみる

肌の老化の原因

80%は光による老化

肌の老化の原因は、加齢による自然老化が20%。残りの80%は光による老化です。

この光老化は、紫外線及び紫外線を浴びることで体内に発生するフリーラジカル(活性酸素)によってもたらされます。
フリーラジカルは、皮膚だけでなく体のすみずみの臓器や器官を酸化「サビ」させて傷つけ、いろいろな病気の原因にもなっています。
光老化は、紫外線やフリーラジカルによって引き起こされるシミやしわ、くすみ、小じわ等の皮膚症状のことで、予防することも治療することもできます。

光老化「しわ・たるみ」「しみ・くすみ」のメカニズム

メカニズム

お肌の構造では、大きく別けて上から表皮。そして、真皮の2つでなりたっています。
まず最初に、健康な皮膚の真皮では、膠原繊維のコラーゲン弾力繊維のエラスチンが豊富で、水分を保持するヒアルロン酸が張りめぐらされ、ピンと張り、弾力が保たれています。

しかし、紫外線や近赤外線を浴び続けることで、コラーゲン・エラスチンが変性して本来の機能を失い、皮下組織の支えも弱くなることでしわ・たるみや毛穴の開きが生じます。そして、表皮では色素細胞(メラノサイト)で産生されたメラニンが紫外線やフリーラジカルからお肌を守っています。
すなわち、紫外線やフリーラジカルが肌の内部に入り込んで、肌内部の組織を傷つけないように、メラニンが日傘のような役割をして肌を守ってくれているのです。

ところが、過剰に紫外線を浴びてしまうとメラノサイトよりメラニンが大量に作られてしまったり、皮膚のターンオーバーがうまくいかないと、表皮細胞内にたまってしまいしみやくすみの原因となります。

抗酸化ビタミンでのスキンケア

ビタミンAの効果

肌比較

ビタミンAには、紫外線によるダメージを修復し、肌バランスを正常に保ち、肌のハリと潤い、弾力を与える働きがあります。子供の肌にはたくさんのビタミンAが満ち溢れていますが、大人になるにつれて繰り返し紫外線や活性酸素による肌のダメージを受け続けることで、ビタミンAは次第に少なくなっていきます。 ビタミンAは常に補給することがとても重要となり、そうすることで、光老化の予防や健康なお肌の維持が可能となります。

「お肌のお悩み別」ビタミンAの働きを解説!!

しみ・くすみ

しみ・くすみ

ビタミンAはメラニンを作る細胞メラノサイトにはたらきかけ、過剰なメラニン生成を抑えます。また、新陳代謝を促してターンオーバーを正常化することで、メラニンを多く含む細胞を垢として排出します。
さらにメラニンを均一化することで、しみやくすみを目立ちにくくしてくれます。

乾燥・しわ・たるみ

乾燥・しわ・たるみ

ビタミンAは真皮にある、繊維芽細胞にはたらきかけます、繊維芽細胞が活性化することで、多くのコラーゲン・エラスチン・グリコサミノグリカンの生成が促されます。結果、皮膚の保水力が増し、潤いとハリ・弾力が戻り、しわが目立ちにくくなります。

ニキビ

ニキビ

ビタミンAは皮脂腺にはたらきかけ、皮脂をコントロールします。皮脂が多く分泌され過ぎると、角栓を形成し、毛穴が塞がれてしまいます。そこにニキビ菌が増殖してニキビが発生します。
ビタミンAによって過剰な皮脂が抑えられることでニキビができにくくなります。

バリア機能UP

バリア機能UP

ビタミンAによって新陳代謝が正常化されることで、表皮は厚みを増し、薄い皮膚が丈夫になります。角質層のバリア機能も強化され、外的刺激から肌を守ります。

ビタミンAは紫外線に20分あたると壊されてしまいます

健康な皮膚を保つためには、ビタミンAを皮膚から継続的に補う必要があります。継続的に補うためにはホームケアが重要です。紫外線防止剤(日焼け止め)のみで紫外線対策をするのは時代遅れです。今は肌の中から紫外線対策をする時代です。女性だけでなく、男性も、子供もお肌の健康のためにAケアが必要です。

抗酸化ビタミンの効果

光老化の原因でもある活性酸素対策として抗酸化ビタミン(ビタミンC・ビタミンE・ベータカロチン)で皮膚を守ります。有効な方法として直接皮膚へ抗酸化ビタミンを塗る必要があります。「ビタミンC」や「ビタミンE」「ベータカロチン」などの抗酸化ビタミンとビタミンAを併用することでビタミンAとの相乗効果が期待できます。ビタミンは非常にデリケートで壊れやすい物ですが、併用することでお互いに助け合ってリサイクルしたり、効果を高めます。

ビタミンA・抗酸化ビタミンは
体の内側・外側のダブル補給が大事!!

内側の補給として食物やサプリメントなどがありますが、口から補給されたビタミンは肌に到達するまで時間がかかります。また、ビタミン類は体の内臓の働きを助けるのに作用する為、お肌には摂取した量よりも少なくなってしまいます。そのため、お肌に働きかけるには直接ビタミンを塗る、ビタミンA配合のスキンケアで外側からビタミンを摂取することが効果的となります。

院長コメント

ビタミンA治療

誰もが内に秘めている肌本来の美しさを引き出す、ビタミンAのスキンケアシステム。毎日朝晩の基本のお手入れ「ホームケア」と、セラピストが最先端の皮膚科学でアプローチする「プロフェッショナルケア」のダブルケアが、あなたの肌を美しい未来へと導きます。

エンビロン(ビタミンA高機能化粧品)

日々の生活リズムや環境など肌に関わるさまざまなデータを分析し、豊富なラインナップのホームケア製品から、あなたの肌に最適なお手入れをご提案します。

詳しくみる
ビタミンAC超音波イオン導入

ホームケアだけではカバーできない肌のダメージに、エンビロン独自のマシンを最先端の高技術皮膚科学に沿ったフェイシャルトリートメントをおこなうことで、ビタミンAなどの美容成分を肌がもっとも必要としているところに届け、気になるお悩みに集中的にアプローチできます。

詳しくみる