肌の悩みは、光で洗う。さまざまな肌トラブルをまとめて改善。 フォトフェイシャル ステラM22

フォトフェイシャル
ステラM22とは– ABOUT –

フォトフェイシャル®とは、IPLという肌に優しい光を顔全体に照射し、シミ・くすみ・赤ら顔・毛穴の開き・小ジワなど、さまざまな肌トラブルをまとめて改善する美肌治療です。
IPL(光)は肌トラブルの原因となるメラニン色素やヘモグロビンなどのターゲットのみに反応するため、正常な肌にダメージを与えることなく治療が可能です。さらに、同時に真皮層にも働きかけることで、線維芽細胞が活性化されコラーゲンが増生し、キメの整った美肌へと導きます。
治療後のテープ保護が不要で、ダウンタイムもほとんどないため気軽に治療を受けて頂けます。

こんな方に向いています– RECOMMENDED –

肌トラブルを改善したい人の例

  • シミやくすみが気になる
  • 赤ら顔や色ムラを改善したい
  • 毛穴の開きや小ジワが気になる
  • ダウンタイムなく、マイルドに治療したい
  • 肌全体の複合的な悩みを同時に改善したい

ステラM22の特徴– CHARACTERISTIC –

  • 特徴その1 効果と安全性を
    認められた機器

    ルミナス社製のフォトフェイシャル『ステラM22』

    当院では、ルミナス社製のフォトフェイシャル『ステラM22』最新機器を導入しております。ステラM22は2021年2月に厚生労働省による薬事承認を取得しており、効果と安全性を認められた機器です。

  • 特徴その2 さまざまな肌トラブルを
    まとめて改善

    さまざまな波長を含んだ光により複合的な肌トラブルを改善します

    さまざまな波長を含んだ光により、シミ・くすみ・毛穴・赤ら顔・小ジワなど複合的な肌トラブルを改善します。

    IPL(光)はレーザーとは異なり単一波長ではなくブロードバンド(広帯域)の波長幅を持った光です。さまざまな波長を含んだ光により、シミ・くすみ・毛穴・赤ら顔・小ジワなど複合的な肌トラブルを改善します。

  • 特徴その3 ダウンタイムが
    ほとんどない

    スクロールしてご覧下さい

    • 照射前

      IPL照射前の状態

      光老化により色素沈着、毛細血管拡張がある状態

    • 照射中

      IPL照射中の状態

      IPLの光がメラニン色素やヘモグロビンに吸収され、熱エネルギーに変わり、ダメージを与える

    • 照射後

      IPL照射後の状態

      肌のターンオーバーや創傷治癒反応により症状が改善される

    IPL(光)は肌トラブルの原因となるターゲット(メラニン色素やヘモグロビンなど)のみに反応し、光エネルギーから熱に変換させダメージを与えるため、正常なお肌を傷つけることなく治療することができます。また治療後のテープ保護の処置がなく、赤みやヒリつきなどの症状もほとんどありません。また施術直後からメイクが可能なので、お出かけ前でも気軽に美肌治療を受けて頂けます。

  • 特徴その4 お悩みに合わせた、
    オーダーメイド治療

    ステラM22では、フィルタ・パルス幅・パワー・スポット形状など幅広くカスタマイズ設定が可能です。患者様一人ひとりのお悩みに合わせて適切に治療することができます。

6種類の波長フィルタ

波長域を変換できる6種類のフィルタがあり、それぞれ作用する層の深さが異なります。例えば薄いシミには浅い層に作用するフィルタを使用し、また小ジワ改善には深い層に作用するフィルタを使用しコラーゲン生成を促します。それぞれのお悩みに合わせてフィルタを使い分けて治療します。

6種類の波長フィルタ

515nm 薄いシミ・そばかす
560nm シミ・そばかす
590nm 赤ら顔・毛細血管拡張症
615nm 赤ら顔・毛細血管拡張症
640nm 肌の色素が濃い方のシミ・肝斑併発部位のシミ
695nm 肌質改善

2種類のライトガイド

施術部位に合わせて、ライトガイドを変更することでより細かく、部分的に治療することも可能です。

2種類のライトガイド

Qスイッチレーザーとフォトフェイシャル比較

Qスイッチレーザー フォトフェイシャル
適応 ピンポイントに治療したい(1ヵ所のシミ除去など) 顔全体のあらゆる肌トラブルを同時に改善したい(シミ・毛穴・赤ら顔・小じわ等)
効果 1回の治療効果が高い 複数回の治療で改善
回数 1回~(治療回数が少ない) 複数回必要
痛み
  • 多少の痛みはあるが、我慢できる程度
  • 麻酔必要なし
  • ゴムで弾かれるような痛み
  • 照射時にカメラのフラッシュのように眩しく感じることがある
アフターケア
  • テープ保護や軟膏の塗布が必要
  • テープ保護不要
  • 直後よりメイク可能

施術の概要・副作用– SIDE EFFECTS –

  • 施術時間

    30分程度

  • 治療ペース

    3~4週間隔 1回~

  • 麻酔

    なし。痛みに弱い方は麻酔クリームの使用も可能です。
    別途3,300円(税込)

  • 痛み

    ゴムでパチンと弾かれた程度の痛みや、カメラのフラッシュのような眩しさを感じることがあります。

  • ダウンタイム

    ヒリつきや赤みが数時間残ることがあります。
    また数日後、シミやそばかすの部分が一時的に濃くなる場合があります。瘡蓋となって自然に剥がれ落ちますので、無理に剥がさないようご注意ください。

  • 副作用・リスク

    色素脱失・色素沈着・過度な皮膚反応・腫れ・紫斑・紅斑・浮腫・熱傷・痂疲形成・痒み・毛包周囲の赤み・瘢痕化等

  • 洗顔・入浴・シャワー

    シャワーは当日より可能。
    入浴は当日より可能ですが、お身体を温めると赤みが出やすくなる場合がありますので長い時間の入浴やサウナ等は避けてください。

  • メイク

    メイクは当日から可能。

  • 禁忌事項

    日焼けをしている方(特に1ヶ月以内に長時間日光を浴びた方)・施術後2週間以内に長時間日光を浴びる予定のある方・妊娠中・ケロイド・治療部分の皮膚疾患・感染症・アートメイクのある部分・糖尿病・光線過敏症・てんかん発作の既往歴がある方・心臓疾患・脳疾患・悪性腫瘍がある方・抗凝固剤を使用中・リウマチ・金属製の服用歴がある方・金の糸が入っている方等

ご予約・お問い合わせはこちら

施術の流れ– FLOW –

  • 1カウンセリング

    カウンセリングでは、現在のお肌の状態を確認し、お悩みに対して適切な治療法をご提案いたします。気になることは何でもご相談ください。

  • 2施術

    お肌を保護するため、冷却ジェルを塗布します。その後、患者様のお肌に合わせたプログラムを設定し、IPLを照射していきます。

  • 3洗顔

    冷却ジェルを拭き取り、洗い流していただきます。

  • 4クーリング

    施術後はしっかりクーリング(10分程度)を行い炎症を鎮静させます。オプションでパックやクールビタミントリートメントを付けると、治療の相乗効果が高まります。(有料)

  • 5アフターケア

    施術箇所のケア・日常生活の注意点などを詳しくご説明致します。また、お悩みの改善効果が期待できるサプリメントや内服薬、スキンケア化粧品など、予防と維持の観点から、適切なホームケアをご提案しております。

よく利用される併用治療

クールビタミントリートメントオプション

施術後の皮膚のほてりを整えながら、美肌に必要なビタミンA・Cその他の有効成分を効率よく導入し、相乗効果を高め肌本来が持つ働きを高めることができます。 クールビタミントリートメントオプション

オプション価格:6,050円(税込)

リジェンスキンマスク(オプション)
(成長因子/ヒト臍帯血細胞順化培養液)

肌の弾力維持・傷跡の治療時に活躍する成長因子/ヒト臍帯血幹細胞順化培養液を贅沢に配合したプレミアムなパックです。 白玉注射・点滴

リジェンスキンマスク (medi)2,420円(税込)

美容内服セット(シナール・ユベラ・トランサミン)

シミ・そばかす・肝斑・色素沈着などにアプローチ。
ビタミンC・E・トラネキサム酸でお肌の内側からもしっかりケア。 美容内服セット(シナール・ユベラ・トランサミン)

1ヶ月:3,630円(税込)

料金– PRICE –

  • フォトフェイシャル ステラM22

    お試し

    11,000円(税込)

    1回

    19,800円(税込)

    3回コース

    56,100円[18,700円/回](税込)

    5回コース

    82,500円[16,500円/回](税込)

    10回コース

    132,000円[13,200円/回](税込)

※自由診療となります。

よくあるご質問– Q&A –

  • 「M22」と「ステラM22」は何が違いますか?

    筒井康文院長の写真

    筒井 康文院長からのアンサー 薄いシミにもアプローチできるようになりました。

    515nmのフィルターが新たに承認され、これまで取り切れなかった表面の薄いシミにもアプローチできるようになりました。また、ライトガイドが大きくなったため、1回の施術時間も5分程短縮されています。

  • 肝斑がありますが、フォトフェイシャルを受けることはできますか?

    筒井康文院長の写真

    筒井 康文院長からのアンサー 内服等で肝斑治療をしていれば、受けて頂くことが可能です。

    肝斑がある場合でも、内服等で肝斑治療をしていれば、フォトフェイシャルを受けることができます。肝斑モードで照射することで、肝斑を刺激することなく美肌治療が可能です。なお、肝斑そのものの治療をフォトフェイシャルで行うことはできません。

  • どのくらい継続すると効果的ですか?

    筒井康文院長の写真

    筒井 康文院長からのアンサー 3~4週間の間隔で、5回の治療が平均です。

    効果には個人差があり、治療回数は肌の状態やホームケアによって異なりますが、3~4週間の間隔で、5回の治療が平均です。紫外線予防や普段のスキンケアによって、治療効果が変わります。当院では、ホームケアとしてエンビロンを推奨しており、美肌治療と併用することでより肌再生効果を感じることができます。

ご予約・お問い合わせはこちら