豊胸

特徴

脂肪を取ってすっきりさせたい部分がある人や異物を入れるのに抵抗感のある人の場合に行います。

ドクターズアドバイス

痩身とバストアップを同時に実現
脂肪注入法による豊胸術は、脂肪吸引の技術を応用し、ふとももやおなか等の痩身と同時に、吸引した自分の脂肪を用いてバストアップを図るというものです。「下半身は太いが胸は小さい」あるいは、「バッグ等の人工のものを使用するのは抵抗がある」という方に適した方法です。脂肪吸引と同時に行いますので、プロポーションバランスを改善するという意味において、まさに一石二鳥の手術といえます。

豊胸効果に影響を与える要素

脂肪の量
これが1番大きな要素ですが、当院で1回に注入している平均的な量が130~150cc位です。過去に注入した例で最も少なかったのが40ccで、多かったのが360ccです。130~150ccですと半カップ位のふくらみが得られることが多いですが、1カップサイズアップするには300cc以上、2カップサイズアップするには600cc以上は必要だと思われます。
脂肪の質
同じ量の脂肪を注入しても、残りやすい人と残りにくい人があります。この原因の1つとしては、注入する脂肪の質の違いが考えられます。実際に吸引した脂肪の水分を濾す際に、その質の違いがわかります。水分を多く含んだシャブシャブの脂肪は生着しにくいように思います。

また、脂肪の粒(脂肪細胞が結合組織で固まっていて肉眼的に粒状に見える)の大きいものや小さいもの、線維質の多いものや少ないものなど様々です。経験上、きめが細かく、線維質が少ない、ねっとりした感じの脂肪が生着しやすいように思います。
受け皿であるバストの血行状態
脂肪の残りやすい人と残りにくい人のもう1つの原因は、バストの血行の違いにあると思います。当院では、バストの皮下に注射器で少量ずつ分散して注入し、マッサージをして十分脂肪をのばして、組織になじませるようにしています。これは、脂肪が固まってシコリになるのを防ぐのと、血行をつきやすくして生着率を高めるためです。
脂肪肝細胞に働きかける成長因子
脂肪の生着率を上げるためにPRP(自己多血小板血漿)を脂肪に混ぜて注入する試みを始めました。血小板には、凝固因子以外に、PDGF、EGF、VEGF、TGF-α等の成長因子が含まれています。

それらの成長因子には、細胞の増殖や血管の新生・再生、さらにコラーゲンやヒアルロン酸の産生、また創傷治癒の促進などの働きがあります。遠心分離機によって濃縮されたPRPには通常の2~7倍の血小板が含まれています。

当然、成長因子もそれだけ多く放出され、それらの成長因子が脂肪幹細胞に働きかけて脂肪細胞の増殖や血管の新生を促進させ、脂肪の生着率を高めてくれるのではないかと考えています。

施術の流れ

カウンセリング

カウンセリングでは、手術内容及び手術後の経過や注意事項について説明します。さらに身長・体重・脂肪率の測定や吸引予定部位の触診によって取れそうな脂肪の量を推測します。

デザイン

吸引する範囲に印をつけて確認してもらいます。

麻酔

うすい麻酔薬と止血剤を混ぜた液を脂肪層に注入します。
局部麻酔は導入剤を筋肉注射して少しうとうとした状態で行います。

吸引

脂肪吸引と同じ方法で直径2mmの極細吸引管で手の力のみで丁寧に吸引して脂肪を取ります。

吸引部の縫合

吸引部の2~3mmの傷は1針縫合してガーゼをあて、吸引した範囲をサポーターやウエストバインダーで圧迫します。

胸への注入

注入する範囲をデザインします。 局部麻酔を行い、既に吸引している脂肪の水分をこし、濃縮した脂肪を乳輪周囲から脂肪層に注入します。PRP(濃縮血小板)を加える場合は、注入時に脂肪に混入して脂肪と一緒に注入します。

胸のテーピング

脂肪を注入した数ヶ所の針穴から脂肪や浸出液が出てこないようにテーピングをして終了します。

ドクターズアドバイス

当院の胸脂肪注入の特徴
当院では、注入の際、1ヶ所からではなく、何ヶ所もの部位から少量ずつ分散して注入していきます。これは、注入した脂肪に血行がつきやすくするためと、大きなかたまりになったり、しこりになったりするのを防ぐためです。手術の結果は、とれる脂肪の量によって大きく変わってきます。1回で十分な量がとれない場合は、2回、3回別の部分から吸引して追加注入することもできます。

1回の手術でボリュームアップする量は人によって様々です。体型や脂肪率、注入した脂肪の量、質、バストの状態によって異なってきます。注入した脂肪の10~50%位が生着するのではないかと思われますが、今までの経験からすると30%位の生着の人が多いように思います。

アフターケア

手術時間
手術時間は吸引に約2時間、注入に約30分。
デザイン・消毒・術後の処置等を含めると全体でおよそ3時間位です。
手術中の痛み
吸引時と注入時に局所麻酔を行いますが、細く短い針と長く少し太めの針を使い分けて麻酔液を注入していますので、少しチクッとする痛みはありますが、我慢できる範囲です。吸引時はほとんど痛みはありません。注入時は圧迫される感じです。
手術後の痛み
吸引部及び胸に鈍痛がありますが、痛み止めで治まる程度です。
腫れ
吸引部も胸も手術直後は腫れがあります。
どちらも1週間で半分位の腫れが引き、仕上がりになるのは1~2ヶ月位です。
内出血
吸引部も胸も少量の内出血があります。
出血量によって1~3週間で吸収されます。
吸引部は2~3mmの傷ができます。最初は赤くなっていますが、半年位で白くやわらかくなると目立たなくなります。肌質によっては色素沈着が残ることがあり、ステロイドテープを貼ったりレーザー照射で治療することもあります。
入浴
術後3日間は、吸引部は濡らさないようにします。タオルを絞って軽く拭く程度です。
4日目よりシャワーが可能で、1週間後から入浴が可能です。
抜糸
手術後1週間で抜糸します。

症例写真

豊胸(脂肪注入)

ビフォーアフター

  • 身長150cm、体重45.1kg、体脂肪率25.3%
    3回の手術で計340ccの脂肪を注入
    3回目注入後3年が経過
  • 術前1

    術前

    9ヶ月後1

    3年後

    術前2

    術前

    9ヶ月後2

    3年後

    術前3

    術前

    9ヶ月後3

    3年後

ビフォーアフター

  • 身長167cm、体重62.1kg、体脂肪率29.1%
    2回の手術で計350ccの脂肪を注入
    2回目注入後9ヶ月が経過
  • 術前1

    術前

    術前2

    9ヶ月後

    術前3

    術前

    9ヶ月後1

    9ヶ月後

    9ヶ月後2

    術前

    9ヶ月後3

    9ヶ月後

よくあるご質問

豊胸の脂肪注入の、術後の腫れや回復は大体どの程度でしょうか?
胸の脂肪注入の手術で腫れるのは、吸引部とバストですがいずれも衣服を着ている状態では外からはわからない程度の腫れです。当院の吸引は、手の力のみで行なっています。神経や血管も吸引機で行なう方法よりは、傷つきにくいため痛みや内出血も少ないので術後の生活も過ごしやすいかと思います。手術当日と翌日の2日間、ゆっくりして頂ければその次の日からは、立ち仕事でも大丈夫だと思います。家事やデスクワークは翌日から行なっておられる方がほとんどです。1週間でバストも吸引部も半分位、腫れが引いてきます。残りの腫れは1~2ヵ月かけて徐々に引いてきます。
胸の脂肪注入のことですが、凹凸ができやすく、しこりも残りやすく、成功率が低いときいたのですがどうでしょうか?
注入した脂肪は一時期硬くなりますが、数ヶ月経つうちに柔らかくなります。当院では、注入時ひとかたまりで入れるのではなく、少量ずつ分散して注入しています。また注入後いれた脂肪をマッサージして潰して周囲の組織とよくなじませるようにしています。ですからおおきな「しこり」として残るようなことはほとんどありません。
脂肪注入で凹凸になりやすい部分は目の周囲の皮膚の薄い部分に入れた場合です。頬や胸は凹凸になることはありません。実際、バストの脂肪注入で凹凸になったケースは一例もありません。当院では、バストへの脂肪注入は約900例の実績があります。安心してお任せ下さい。
150ccの注入を2回するのと、100ccの注入を2回するのでしたら、どちらかが定着しやすいですか?
150ccと100cc位でしたら生着率に差はほとんどないと思われます。400cc+500ccを全身麻酔で何ヶ所かから吸引して一度に注入しようとすると、死んでしまう脂肪の割合が多くなるように思います。
バストの脂肪注入は身体の数箇所から脂肪をとっていただけるのでしょうか?また一回の施術で2カップアップ又はそれ以上望めますか?
胸の脂肪注入は患者様の身体にどれくらい脂肪がついているのかということが大きく結果に影響する手術です。少ししか取れなければ見た目には全く変化は見られませんし、たくさん取れれば1サイズは変化が見られます。当院では、局所麻酔で手術をおこなっておりますので、一度に吸引できる範囲に限りがあります。1回の手術では腹部なら腹部のみ、内太ももなら内太もものみ、ヒップならヒップのみの吸引になります。そこで十分な脂肪が取れなかった場合は追加注入することも出来ます。(初回367,500円(税込)、追加210,000円(税込))
脂肪注入で徐々に元の大きさに戻ってしまうことがありますか?
術後すぐの状態は水分で腫れている状態ですから、仕上がりまで1~2ヶ月くらい見ていただいています。サイズは術後のふくらみからすると、三分の一位になります。。カウンセリングの際に、いろいろなタイプのモニター写真をみていただいて説明しています。また一度生着した脂肪は5年もしくは、それ以上生き続けるように思います。
脂肪が多い少ないというのはどのように分かるのでしょうか?一度で十分な脂肪が取れなかった場合は料金的には課金されるのでしょうか?
カウンセリングの際に、脂肪率を測定させていただき、また触診で大体の脂肪量を推測しています。当院では、局所麻酔で手術をおこなっておりますので、一度に吸引できる範囲に限りがあります。1回の手術で一箇所からの吸引ということになります。そこで一度に十分な脂肪が取れなかった場合は追加注入することも出来ます。追加注文の場合、21万円で行っております。
豊胸手術はどのような手順でおこなわれますか?
豊胸手術は、局所麻酔で、ご希望の部分から2ミリほど切開して、細い吸引管をいれて脂肪を吸い取ります。直径2ミリの極細吸引管を使用し、吸引器ではなく手の力のみで吸引しているので仕上がりもきれいで傷跡も小さいのであまり目立つことはありません。
取れた脂肪の水分をこして、脂肪だけの状態にしたものを注射器でバストに注入します。注入は、バストの皮下及び乳腺下に注射器で少量ずつ分散して注入していきます。バストには注射器の針の穴だけが何箇所かあるだけですので、傷跡は全く残りません。一週間後、吸引した部分の抜糸に来院していただきますが、もし来られない場合は溶ける糸を使用しています。

おすすめプラン

脱毛キャンペーン実施中

医療レーザー永久脱毛

「エステサロンでは満足のいく効果が得られなかった」そんな時は、医療レーザー永久脱毛でムダ毛とサヨナラ!

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸

お肌のシワを無くして見た目年齢を若々しく、ヒアルロン酸で簡単プチ整形!

ボトックスビスタ

ボトックスビスタ

シワ・頭痛・肩こり・ワキガなど老化防止に効果的なボトックス注射

  • ビューホット
  • エンビロン
  • 医療でほくろ除去
  • 二重まぶた
  • I2PL
  • 水光注射
  • サマークールCPT
  • 高周波温熱器機インディバ
  • ブライダルエステ
  • レーザートーニング
  • イオン導入

ピックアップ

  • エステサロン ツツイ
  • ツツイ美容皮膚科
  • WEBで予約する
  • メールで予約する