目全般

特徴

「眼瞼下垂」とは読んで字のごとく、上まぶた(上眼瞼)が下がった状態のことをいいます。先天的または後天的理由により、上まぶたを開ける筋肉である眼瞼挙筋が弱まることが原因です。

代表的な症状としては、「眼が細く、目つきが悪く見える」「目力が弱い」「眠そうに見える」「まぶたがくぼんで老けて見える」などの美容的な問題のほか、頭痛、肩凝りの重症化「距離感がつかめない」「まぶたが開きづらくなる」などの機能的問題が発生し、怪我や転倒事故などの原因にもなります。

施術イメージ

先天性眼瞼下垂

生まれつき上まぶたが下がっている状態です。その多くは、まぶたをつり上げる上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)という筋肉の発育不全によるものです。
どちらか片側の目に出る「片眼性」がやや多いですが、両側の場合もあります。
幼少時に手術している場合もありますが、幼少時には各器官が未発達なため、ほとんどの場合は開きが不十分です。

後天性眼瞼下垂

生まれつき症状がある先天性に対し、徐々にまぶたが下がってくる状態を後天性眼瞼下垂といいます。
加齢によるまぶたの筋力の低下・皮膚のたるみが主な原因ですが、最近ではパソコンなどによる目の酷使や、コンタクトレンズ(特にハードコンタクト)の長期利用、アレルギー疾患やメイクなどでまぶたを擦ることで皮膚がたるみ、若くして眼瞼下垂になるケースも増えています。

後天性眼瞼下垂イメージ

施術の流れ

先天性眼瞼下垂および後天性眼瞼下垂とも、基本は手術による治療となります。術後は目もとがパッチリするだけでなく、視野障害も改善されます。

施術の流れ

埋没式

上まぶたの裏側から筋肉(眼瞼挙筋)に細い糸を通してまぶたを挙げる。
筋肉を短く縮めます。
メリット:腫れが少なく、まぶたの表側には、ほとんど傷跡は残らない。
デメリット:筋力の状態によっては十分な効果がでないこともある。

切開式

上まぶたの表側を切開して、眼瞼挙筋を短く縫い縮めます。
メリット:十分な効果が出やすい。
デメリット:まぶたの表側に傷ができる。腫れのダウンタイムが3~4週間必要。

よくあるご質問

手術後は腫れますか?
個人差がありますが、1周間ぐらいは腫れが続きます。抜糸後に腫れは引き、落ち着くのに3週間~1ヶ月ぐらいの時間がかかります。
手術後、すぐメイクできますか?
目もと以外のメイクは当日から可能ですが、目もとのメイクは抜糸(一週間後)まで控えて下さい。
視力に影響はありませんか?
基本的にはありません。まれに、手術直後に目が閉じにくくなり目がかわく事があります。

おすすめプラン

ピコレーザー

ピコレーザー

短期間で高い治療効果を発揮する革新的なレーザー!ダウンタイムも少なくシミだけでなくあらゆる肌の悩みに対応!

ダーマペン4

ダーマペン4

本来の自己修復力で肌の再生を促す肌の若返り治療。美容成分との相乗効果で高い効果が期待!

水光注射(ダーマシャインバランス)

水光注射

肌にダイレクトに美容成分を注入し、内側からみずみずしく潤いに満ちたハリのある若々しく輝くようなお肌へ!

ピックアップ

  • エステサロン ツツイ
  • WEBで予約する
  • メールで予約する