ヒアルロン酸注入 -目の下のクマ- Point.1 華やかで、愛らしい印象に Point.2 少しの変化で顔に立体感とメリハリを! Point.3 10分でメスを使わず、手軽にできるプチ整形

こんなかたにオススメ

ヒアルロン酸による目の下のクマ治療とは

顔の見た目を大きく左右する目の下のクマですが、一度できてしまうとなかなか消えないのが特徴で、実年齢より老けて見えたりお疲れ顔や暗い印象を与えてしまいます。くぼみにより影ができてクマに見えるタイプにはヒアルロン酸を注入することで目立たなくすることができます。

ヒアルロン酸による目の下のクマ治療は手軽にでき、ダウンタイムも少ないということからメスを使用して肌を切ったり、傷つけることに抵抗がある方にご検討いただいている治療方法です。

しかし、目の下のクマの原因は様々で治療方法もいくつかあります。全てのクマのタイプにヒアルロン酸注入の治療が有効であるとも限りませんので、しっかりクマの状態を把握する必要があります。

クマの原因と改善方法

目の下のクマの原因は3つ考えら、れそれぞれのクマの状態にあった治療方法をご説明致します。

血行不良によるクマ「青クマ」

原因
血行が悪くなっている場合、寝不足や疲れ・パソコンなどで目の使い過ぎにより、目の周囲の血流が悪くなると、細い静脈がうっ血して紫色に見えることがあります。また、皮膚を引っ張ってみると、クマの色が薄くなる傾向があります。
改善方法
蒸しタオル(濡れタオルをレンジにかける)で温める。目の周りをマッサージする。十分な睡眠をとる。目を酷使しない。

色素沈着によるクマ「茶クマ」

原因
メラニン色素が沈着している場合、茶色いシミになっていたり、黒っぽいアザがある場合もあります。目の下だけでなく、目の周りにも症状が出ることがあり、くすんで見えてしまいます。
改善方法
美白剤(ハイドロキノン)及びビタミンA治療・ピコレーザーを使用して治療を行うケースが多いです。

影によるクマ「黒クマ」

原因
加齢とともに目の周りの筋肉(眼輪筋)や目元の靭帯は衰え緩むと、目の下のたるみやくぼみができてしまいます。また、眼窩脂肪という目の下の脂肪が顔の表面より出てしまい凹みに影ができて大きなクマにみえてしまうこともあります。
改善方法
黒クマの治療方法は3つあります。
ヒアルロン酸注入
ほとんどの場合、ヒアルロン酸を注入することで目の下のクマは改善します。ヒアルロン酸注入は当日より洗顔・お化粧が可能となり、手軽にできるということが最大の特徴。
脂肪注入
目の下の膨らみに加え、その下に凹みがある方にご検討いただいている治療です。ヒアルロン酸より腫れが出やすいですが、自身の脂肪を使用するため持続が長いのが特徴。
目の下の脂肪取り手術
目の下の脂肪のふくらみが強い場合は、手術で脂肪を取ることで改善します。切って縫うという手術となるので、ダウンタイムがあります。

ヒアルロン酸注入による目の下のクマ治療の特徴

施術イメージ
まずはカウンセリングでクマの状態を確認します。注入する範囲をペンでマーキングしていきます。
内出血の予防と、痛みを最小限にするために局所麻酔の注射を行い、ヒアルロン酸を注入していきます。下眼瞼の皮膚は体の中でもっとも薄い部分であるためデコボコにならないように最善の注意をはらいながらヒアルロン酸を注入していきます。わずか10分ほどでクマは薄く改善し若々しい印象となります。

目の下のクマに適したヒアルロン酸製剤

目の周りは皮膚がとても薄くデリケートな部分ですので、馴染みのがよく施術直後の凹凸感がでにくいヒアルロン酸製剤を使用します。

ジュビダームビスタボリフト XC

ジュビダームビスタボリフト XC

ジュビダームビスタボリフト XC

厚生労働省認可を受けたヒアルロン酸です。深いクマの人に適しています。組織へのなじみが良く持続性が長いのが特徴です。ただし、入れすぎた場合は不自然な膨らみができることがあるので、技術が要求されます。

●持続効果:12~18ヶ月程度

目の下のクマ治療のダウンタイム

手術時間
施術時間は約10分です。
手術後に10~15分リカバリールームで冷やします。
手術中の痛み
局所麻酔で少しチクっとする痛みがありますが、我慢できる程度です。
施術中の痛みはほとんどありません。
手術後の痛み
手術後1~2時間すると麻酔がきれて軽度の鈍痛が出ることがあります。
痛み止めは必要ない程度です。
腫れ
局所麻酔による腫れが少し出ますが、ほとんどわからないくらいです。
翌日には腫れはほとんど引いています。
内出血
ほとんどの場合内出血が出ることはありませんが、針が血管を傷つけると内出血を起こす可能性はあります。
細い針の穴だけなので、数日から1週間で目立たなくなります。
お帰りに際して
お冷しの後、お化粧で針穴の赤みはほとんどわからなくなります。
ご心配でしたらマスクをご用意ください。
洗顔・化粧
当日より洗顔、お化粧は可能です。
入浴
当日は短時間の入浴が可能です。翌日から通常の入浴が可能です。
消毒
消毒の必要はありません。
禁忌事項
発熱がある場合や妊娠中及び全身状態に問題がある場合など、手術により何らかの悪影響が出る恐れがある場合は、手術をお受けできないことがあります。

ヒアルロン酸注入後の修正・ヒアルロン酸分解注射「ヒアルロニダーゼ」

ヒアルロン酸注入後、万が一凸凹や思っていた仕上がりと違う・他院で治療されたところを修正したい場合は、ヒアルロニダーゼという酵素の力でヒアルロン酸を分解し、早期に元に戻すことができます。注射すると1~2日くらいでヒアルロン酸が分解、吸収されてなくなります。

■ヒアルロン酸分解注射「ヒアルロニダーゼ」
鼻・ほうれい線・目の下・ほほ・その他各1ヶ所
・当院ヒアルロン酸注入箇所 10,000円
・他院ヒアルロン酸注入箇所 30,000円

ヒアルロン酸注入の症例紹介

他の症例を見る

関連動画

ツツイ美容外科の「ヒアルロン酸注射」が選ばれる理由

  • 医師の豊富な技術と知識
    注入するだけのシンプルな施術だからこそ、医師の注入技術で仕上がりに大きな差が出てます。ツツイ美容外科では、豊富な経験と確かな技術を持つ医師が患者様の悩みやご要望を細かくヒアリングします。
  • 厚生労働省で認可されたヒアルロン酸製剤を使用
    ツツイ美容外科では、日本で唯一顔のしわや溝の治療において厚生労働省に認可されているアラガン社のジュビダームビスタ®シリーズのヒアルロン酸を導入しています。
  • 1本買い取り制度を導入
    ツツイ美容外科では1本単位で料金設定しています。中には余ったヒアルロン酸を他人に使いまわして低価格にしているクリニックもあるようですが、衛生上問題のある行為です。ツツイ美容外科では使い回しはせず、1本単位でヒアルロン酸製剤を購入いただいています。

カウンセリングから施術の流れ

  • 来院・受付
    *ご予約時間の20分前に受付をお済ませ下さい。
    受付にてご予約のお名前をお申し出下さい。問診表をお渡ししますので、現在のお悩みや治療経験の有無、疾患の有無等をご記入いただきます。
  • カウンセリング
    カウンセリングでは、気になるシワやくぼみの深さや状態を確認します。ご希望の仕上がりに合わせて注入箇所や薬剤の量など最適な方法をご提案いたします。気になることなど、何でもご相談ください。
  • ヒアルロン酸注入
    経験豊富な医師がにシワの溝にあわせて、丁寧に注入していきます。時間は10~15分程度で、通院の必要もありません。赤みがでやすい方は注入後、しばらく冷やします。(ご希望により、注入部位にテープ麻酔を貼布します)
  • ご帰宅
    術後すぐにお化粧をしていただけます。まれに内出血が見られますが、メイクでカバーできます。薬剤の違いや個人差がありますが、効果は約6ヶ月~2年持続します。

おすすめプラン

ピコレーザー

ピコレーザー

短期間で高い治療効果を発揮する革新的なレーザー!ダウンタイムも少なくシミだけでなくあらゆる肌の悩みに対応!

ダーマペン4

ダーマペン4

本来の自己修復力で肌の再生を促す肌の若返り治療。美容成分との相乗効果で高い効果が期待!

水光注射(ダーマシャインバランス)

水光注射

肌にダイレクトに美容成分を注入し、内側からみずみずしく潤いに満ちたハリのある若々しく輝くようなお肌へ!

ピックアップ

  • エステサロン ツツイ
  • WEBで予約する
  • メールで予約する