二重まぶた

はじめに

二重まぶたにする手術は、大きく分けて糸を埋め込むだけの埋没法と、切開して余分な脂肪や皮膚を取る切開法があります。ここでは、埋没法についてご説明いたします。
埋没法には手術方法が異なる挙筋法と瞼板法があります。

埋没法 挙筋法、瞼板法

二重まぶた専用サイト

挙筋法 (埋没法)

挙筋法とは

上まぶたをあげる筋肉である上眼瞼挙筋(正確には、挙筋前葉のアポニューローシス(挙筋腱膜)と挙筋後葉のミュラー筋)に皮膚からの糸を結びつけて二重を作る方法です。本来の二重まぶたの構造からすると、瞼板法より挙筋法の方が生まれながらの二重まぶたに近いつくりをしています。

挙筋法イメージ

挙筋法イメージ

ドクターズアドバイス

生まれながらの二重まぶたの場合は、目を開ける時、上眼瞼挙筋が収縮して短くなって、上まぶた全体を持ち上げます。その際、挙筋から二重まぶたの皮膚までのびている枝が引き上げられて、二重の溝が作られます。

挙筋法では、生まれながらの二重まぶたと同じような力の伝わり方をしています。
つまり挙筋から出ている枝のかわりに糸がその役割をしていることになります。

瞼板法では、挙筋からの力が一旦、瞼板に伝わって瞼板から糸を介して二重まぶたの皮膚まで伝わっています。

挙筋法パターン

挙筋法パターンイメージ

挙筋法パターンイメージ

・パターン1
瞼板と違い結膜はやわらかい組織なので、年月が経てば、結膜内に糸が食い込み、見えなくなることが多いが、糸が出たままになることもある。結膜に炎症を起こしやすく、目ヤニやコロコロした異物感を生じやすい。結膜にゆがみを生じやすく、肉芽を形成することもある。
・パターン2
結膜面の針の穴からうまく針を通し返せていないと、結膜に多少のゆがみを生じることもあるが、肉芽を形成することはない。当院はこのパターン②を採用している。
・パターン3
切開法の糸のとめ方に似ているが、切開していないため表に出ている糸の端から端までの距離が長くなり、目を閉じた時、糸が目立ちやすくなる傾向がある。糸のひっかけが浅く、挙筋に十分届いていないと二重が弱かったり、とれやすくなる。

ドクターズアドバイス

私は開業後1年位の間、瞼板法で二重の手術を行っていた時期がありました。
その当時、二重のラインが薄くなったり、とれたりする患者様が続出して大変なことになった経験があります。それ以来、瞼板法で二重まぶたの手術は行っていません。

挙筋法も二重のラインがとれないということはありませんが、瞼板法よりとれる割合は、はるかに少ないです。挙筋法のメリットは、二重がとれにくいことです。私の行っている挙筋法は、まぶたの裏側に糸が出ませんので眼球を傷つける危険性がほとんどありません。また無理やり強く締めつけるようなことはしないので上まぶたにかかる負担も少なく目に優しい埋没法と言えます。

万一、抜糸する場合は、抜糸しやすいこともメリットになります。
デメリットは、技術的なものに限ります。つまり糸を結ぶ強さの加減が要求されたり、まぶたの裏側に糸が出ないような処理技術が必要になります。

瞼板法 (埋没法)

瞼板法とは

瞼板法とは、瞼板軟骨に皮膚からの糸を結びつけて二重を作る方法です。
瞼板とは、まつ毛の内側にある緻密な線維性の結合組織で板状構造をしている大きな皮脂腺の集合体(瞼板腺)です。
そこから、分泌される脂性分泌物は、眼球表面の涙の散流を防ぎ、閉眼時の瞼を密閉する働きがあります。瞼板腺がつまると霰粒腫というシコリができることがありますが、瞼板法で霰粒腫が起こるというのは、あまり聞いたことがありません。

  • BAD CASE

    瞼板法で二重まぶたの手術をするとラインがとれやすくなるので、とれにくくするために、様々な工夫がなされています。これは他院でされた症例ですが、糸の食い込みで、瞼板が深く陥没し、ゆがんでいます。 患者様にわからないからといって、このような手術をすることは、好ましいことではありません。

  • BAD CASE

    他院での瞼板法による上まぶたの裏側の状態。 2ヵ所に糸が出ている。

  • GOOD CASE

    瞼板に出た糸を抜糸。 当院の埋没法で、より広い幅の二重に修整。瞼板及び眼瞼結膜に糸は見えない。

ドクターズアドバイス

瞼板法のメリットは手術する側にとってのメリットが多く患者様にとっては、あまり好ましい方法ではないと考えています。

メリット
・手術が早い
・初心者にも簡単にできる
デメリット
・二重がとれやすい
・二重をとれにくくするため糸を強く結ぶことが多く、上まぶたに負担をかけやすい
・眼球を傷つけるリスクがある

挙筋法と瞼板法の抜糸の際の糸の長さの違い

  • 抜糸した当院の糸(挙筋法による) 図1挙筋法

    10ミリ以上の長さで、組織に負担をかけないようにきつすぎない程度の強さで結んでいます。

  • 大手美容外科の糸(瞼板法による) 図2瞼板法

    非常に短い糸の枠の中に瞼板から皮下組織までの厚みのある組織を閉じ込めています。

施術の流れ

挙筋法 (埋没法)

デザイン

ご希望の二重のラインが左右対称になるように十分な時間をかけてデザインします。
糸の留め方は基本的には2ヵ所固定の6点留めで行っています。

しかし、上まぶたの状態は、年齢によってたるみの量が違ったり、まぶたの皮膚の厚さや、脂肪の量、眼裂の大きさ、蒙古ひだの強さ、上眼瞼挙筋の筋力の強さなど一人一人全て異なります。
どのような患者様にも同じ方法で良いというわけにはいきません。

たるみが多かったり、平行型を御希望の場合は3ヵ所固定の6点留めで行なったり、その他の亜型としては2ヵ所固定4点留め、2ヵ所固定5点留めなど、その人のまぶたの状態やくせの状態また筋力に応じて最もふさわしいものを、経験による勘で判断して施行しています。以上の選択は、術中に変更することもあります。

その場合は、なぜ変更する必要があるのか、脂肪が多いのか、たるみや筋力の左右差があるのか、くせが強いのか等を きちんと説明してからおこないます。

場合によっては、最初のデザインの幅を変えなければならないこともあります。

全ては、型どおりのやり方ではなく、持てる技術を全てつくして、目の前にいる患者様に満足していただける二重まぶたを作るためなのです。

  • 施術イメージ
    2ヵ所固定4点留め
  • 施術イメージ
    3ヵ所固定止6点留め
    (たるみが多い場合や平行型)
  • 施術イメージ
    2ヵ所固定5点留め
  • 施術イメージ
    2ヵ所固定6点留め

麻酔

少しでも麻酔が痛くならないように工夫しています。

  • 34Gという一番細い針を使用
  • 点眼麻酔薬を使用
  • 酸度(ペーハー)を調整した麻酔液を使用
  • 皮膚の抵抗が少なくなるよう刺入

手術の痛みは誰でも不安で嫌なものです。
精神的に緊張していると、少しの痛みでも何倍も強く感じてしまいます

当院では、精神的緊張をやわらげるため、待合室は明るい色調で熱帯魚や観葉植物を置いています。 局所麻酔に関しては34Gという一番細い針を使用し、直線的に皮膚に針を刺すことをせずに、皮膚の抵抗が少なくなるように刺入、麻酔液の注入も時間をかけて少量ずつ行います。患者様の意識がまぶたに集中している分、非常に神経を使う瞬間です。他院で手術をされて当院の埋没法を受けられるほとんどの方が以前より痛みが少ないのに驚かれます。

麻酔イメージ
数字が大きくなるほど針が細くなります。

糸で留め、結び目を埋め込む

デザインに沿って皮膚と上眼瞼挙筋を糸で結びます。そして、糸の結び目を皮下に埋め込みます。

  • 手術当日
    手術当日
  • 1週間後
    1週間後
  • 1カ月後
    1カ月後

アフターケア

手術時間
手術時間はデザインに15分。手術自体は15~20分程度です。手術後は10~15分間、リカバリールームで患部を冷やします。
手術中の痛み
局所麻酔で少しチクっとする痛みがありますが、我慢できる程度です。手術中は痛みはほとんどありません。
手術後の痛み
手術後1~2時間して麻酔がきれてくると鈍痛のような痛みが出てきます。一応痛み止めの処方はしていますが、服用する必要がないくらいのものです。2~3日でおさまります。
腫れ
ご希望の二重まぶたの幅によって異なります。
ひかえめな幅(奥二重)・・・当日からでも腫れは少ないです。1週間で9割ほど腫れはひいて約1カ月で仕上がりになります。

普通の幅・・・1週間で7~8割程腫れはひいて1~2ヶ月で仕上がりになります。

広い幅・・・1週間で5割程腫れはひいて1~2ヶ月で仕上がりになります。
上まぶたに脂肪の多い人やむくみやすい人、また上まぶたの皮膚が厚くてかたい人、さらにまぶたを挙げる筋肉(上眼瞼挙筋)の弱い傾向にある人は、腫れが出やすいタイプになります。
腫れイメージ
内出血
血管に針が当たり内出血を起こすことが10~20%の割合であります。
出血に気付いた場合は、すぐ出血部位を圧迫して止血します。
そうすることで内出血の量を少なくし、赤アザの範囲を小さくすることができ、早く消えることになります。
1~2週間で紫色から黄色になり消えます。
糸を埋め込んだ部分に1ミリ程の赤い傷が何カ所かできています。
早い人で1週間、遅い人で1カ月くらい(一般的には2週間ほど)で目立たなくなります。
お帰りに際して
腫れや赤みがご心配な方は帽子やサングラスをご用意ください。
洗顔・化粧
洗顔とお化粧及びコンタクトレンズは手術当日と翌日の2日間控えてください。
3日目から可能です。
術後2日間はタオルを絞って拭く程度にして下さい。
入浴
短時間の入浴は当日からでも可能ですが、上まぶたを濡らさないように注意してください。
アルコール
腫れの原因となりますので、1週間控えてください。
日常生活・デスクワーク
翌日より可能です。
運動・ハードワーク
腫れが少ない場合は3日間控えてください。
腫れが大きい場合は1週間控えてください。
目やに
ほとんどありませんが、まぶたの裏側も操作していますので軽い結膜炎症状が出ることがあります。
1~2週間で消えていきます。
コロコロした異物感
糸は裏側には出ていませんので、異物感を感じる場合は眼瞼結膜の一部が腫れてそのように感じることがあります。
2~3週間で消えていきます。
禁忌事項
発熱がある場合や、妊娠中及び全身状態に問題がある場合等、手術により何らかの悪影響が出る恐れのある場合は、手術をお受けできないことがあります。

1年間完全保証

当院で平成28年以降に埋没二重の手術を受けられて、1年以内に二重がとれたり、ラインが弱くなった場合は、無料で再手術を受けることができます。

抜糸について

抜糸について

埋没法の糸を抜く場合、目を閉じた時に糸の結び目が確認できることが重要なポイントになります。結び目の位置がわからないと、どこに糸が入っているのかわからないため小さな傷で糸を抜くことができなくなります。 その場合は、二重のラインに沿って切開し、組織ごと一緒に切除することになります。

  • 抜糸イメージ

    手術中 糸を引っ張って抜いています。

  • 抜糸イメージ

    手術当日 埋没法でできた傷の下に抜糸による傷が2カ所あります。糸で縫う必要がないくらいの小さな傷です。

  • 抜糸イメージ

    1週間後 抜糸の傷はほとんどわからなくなっています。

抜糸手術方法

糸の結び目のすぐ上に局所麻酔を行ないます。結び目のすぐ上の皮膚を1.5ミリ程切開し、結び目を探し、皮膚表面に引っ張り出します。 結び目のすぐ近くの糸を1本だけ切って結び目を引っ張るとスーッと糸が抜けます。

抜糸の手術写真

結び目の位置がわからなくなるケース

  1. 透明な糸を使用している場合
  2. 年数が経って青いナイロン糸の色が脱色され透明になってしまった場合
  3. 溶ける糸を使用している場合
  4. 瞼板法で行われているように非常に強く結ばれたため結び目が深く入り込んでいる場合

埋没法の抜糸の手術後の経過および注意事項

手術時間
手術時間は結び目がすぐ見つかった場合には、1本の糸につき数分で終わります。
手術中の痛み
局所麻酔で少しチクっとする痛みがあります。
手術中は痛みはほとんどありません。
手術後の痛み
簡単に抜けた場合は、術後はほとんど痛みはありません。
時間がかかった場合は、鈍痛程度の痛みが出ますが2~3日で消失します。
腫れ
麻酔の腫れだけですので翌日にはほとんどひいています。
内出血
簡単に抜けた場合は、ほとんど内出血することはありません。
時間がかかった場合は、内出血することがありますが、1~2週間で消失します。
1本の糸につき1.5~2.0ミリ程の傷が1か所にできます。
最初赤くなっていますが、2~3週間で赤みはとれていきます。
お帰りに際して
そのままで帰られる方が多いですが、ご心配な場合はサングラスやメガネをご用意ください。
洗顔・化粧
当日はタオルを絞って拭く程度にして、翌日より洗顔・お化粧は可能です。
入浴
短時間の入浴は当日からでも可能ですが、上まぶたを濡らさないように注意してください。

症例写真

埋没二重(広い幅)

ビフォーアフター

ビフォーアフター1

埋没二重(普通の幅)

ビフォーアフター

  • 術前

    術前

  • 当日

    当日

  • 1ヵ月後

    1ヵ月後

    1ヵ月後

  • 1年後

    1年後

    1年後

埋没二重(狭い幅)

ビフォーアフター

ビフォーアフター2

よくあるご質問

腫れは何日位続きますか?
1週間ほどで7~8割の腫れは引きます。最終的な仕上がりは1~2か月程見て下さい。
どれ位腫れますか?
瞼の状態や二重の幅によって個人差があります。控え目な幅ですと腫れは少ないです。
広い幅ですと、夜泣きはらした翌日の朝位の腫れぼったい感じに似ています。幅を広くすると腫れが強く出やすくなります。
術後の二重のラインの左右差が気になります。
腫れが治まってくるとラインも落ち着いてきますので1か月は様子を見て下さい。
二重の幅を広くすると取れ易いですか?
多少広めにとっても取れ易くなることはありませんが広くしすぎると取れ易くなります。瞼を挙げる筋力がある程度あって、皮膚と拳筋との関係がしっかりついておれば二重は絶対にとれません。瞼板という軟骨様組織に糸で固定すると幅の広さに関係なく取れ易くなる様に思います。また脂肪が多くて腫れぼったい瞼の方も取れ易い傾向があります。
二重がすぐに取れたり、ラインが薄くなったりしませんか?
大手の美容外科でやっている瞼板法は二重が取れ易い傾向があります。当院が行っている拳筋法は皮膚と拳筋とをしっかり固定しているので取れにくい二重のラインになっています。
化粧落とすとき強くこすっても取れたりしませんか?
上まぶたは強くこすってもつまんでも、当院の埋没法は簡単には取れませんのでご安心ください。
頭髪のカラーリングは何日後からできますか?
術後3日目以降でしたら大丈夫です。
MRI・CT・レントゲン検査で糸が写ってしまいますか?
一般の健康診断レベルでは写りません。MRI・CT・レントゲンは病変部の情報をより詳しく得る為に使用される、画像診断装置です。小さな病変も写しだせないと意味がありません。上瞼の病変に焦点を絞り条件設定をすれば、CTは難しいと思いますがMRIは糸をとらえると思います。
糸の部分にしこりが出来ますか?
しこりができる原因は
①皮膚の下の組織に糸の結び目が十分に入りこんでいないこと。
②太めの糸を使い結び目が大きくなっていること。
③糸を結ぶ強さが弱く、糸にかかる緊張が不十分なため結び目が皮下組織の中に十分入っていないこと。
④患者さまの皮膚が薄く糸の結び目が目立ちやすい状態のまぶたをしていること等が挙げられますが適切な埋没法の糸の結びめの処理をすれば大丈夫だと思います。
二重の幅が狭くなったのですがその場合も保証は受けられますか?
当院の保証の対象は手術でつくった二重のラインが弱くなったり取れてしまった場合に限ります。1年以内でしたら無料で再手術を受けられます。二重の幅を広くする場合は1年以内でしたら半額の料金で行っております。

おすすめプラン

脱毛キャンペーン実施中

医療レーザー永久脱毛

「エステサロンでは満足のいく効果が得られなかった」そんな時は、医療レーザー永久脱毛でムダ毛とサヨナラ!

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸

お肌のシワを無くして見た目年齢を若々しく、ヒアルロン酸で簡単プチ整形!

ボトックスビスタ

ボトックスビスタ

シワ・頭痛・肩こり・ワキガなど老化防止に効果的なボトックス注射

  • ビューホット
  • エンビロン
  • 医療でほくろ除去
  • 二重まぶた
  • I2PL
  • 水光注射
  • サマークールCPT
  • 高周波温熱器機インディバ
  • ブライダルエステ
  • レーザートーニング
  • イオン導入

ピックアップ

  • エステサロン ツツイ
  • ツツイ美容皮膚科
  • WEBで予約する
  • メールで予約する