「ワキガ」は遺伝する?!子供に現れやすい特徴とは

汗くささとワキガは何が違うの?

汗をかけば誰でも汗くさくなります。しかし、「ワキガ」は誰にでもあるわけではありません。どちらも汗が原因のはずなのに不思議ですよね。その違いの理由を探ってみましょう。

汗には種類が2つ

2つの汗腺

一口に汗といっても、私たちがかく汗には2つの種類があります。1つは、気温が高いときや運動をしたときにかく体温調節のための汗です。この汗は、全身に分布しているエクリン汗腺という汗腺から分泌されます。 この汗の主な目的は、体内の水分を皮膚表面へ排出し、体温が上がりすぎないようにすること。そのため、汗の成分は99パーセントが水分で、あとは体液に溶け込んでいる塩分など微量のミネラルや乳酸がわずかに含まれるだけです。

また、緊張したときや恥ずかしくなったときにも私たちは汗をかきますが、この汗も体温調節のための汗と同じエクリン汗腺から分泌されます。汗をかくという生理現象を支配しているのは自律神経で、感情の動揺も気温の上昇と同じような刺激を自律神経に送るため、エクリン汗腺から汗が分泌されます。

この自律神経の働きが乱れると、気温の変動や状況にかかわらず大量の汗をかいてしまうことがあり、それがいわゆる多汗症と呼ばれる状態です。しかし、いずれにしても、これらの汗はすべてエクリン汗腺から出ている汗で、成分もほとんど変わりがありません。

かいた汗が皮膚表面で変化したり、衣類に染みこんで雑菌が繁殖したりすると、少し酸っぱいようなにおいがでます。このにおいが一般に「汗くさい」と言われるにおいです。体質や生活習慣、皮膚環境などによってにおいに個人差はありますが、基本的には同じようなにおいです。

ワキガの原因となる汗

2つの汗腺

一方、これらの汗とはまったく違う仕組みで分泌される汗があります。その汗は、アポクリン汗腺という汗腺から分泌されます。アポクリン汗腺は、全身に分布するエクリン汗腺とは違い、ワキ、耳の周辺や内部、乳首周辺、陰部や肛門周辺など、限られた部位に局地的にしか分布していません。また、その数には個人差があり、生まれつきアポクリン汗腺の多い人と少ない人がいます。

アポクリン汗腺からかく汗の目的は、個人をアピールするフェロモンの働きです。動物の場合、自分のにおいによってマーキングしたり、異性に発情を知らせたりしますが、その機能が退化しきらずに人間にも残っていると考えられています。そのため、アポクリン汗腺からかく汗は、独特のにおいを放ちます。水分や塩分以外にたんぱく質や脂肪も含まれているため乳白色でベタベタしています。それらの栄養分を皮膚に住む細菌が分解すると、さらに強いにおいを発し、ワキガと呼ばれる状態になります。

アポクリン汗腺が一番多いのがワキの下なので、アポクリン汗腺からかく汗のにおい=ワキのにおい=ワキガというイメージが一般的には強いわけです。しかし本来は、アポクリン汗腺からかく汗なら、どこの部位でも同じようなにおいになり、乳首や陰部のにおいを気にしている人も意外と多く、チチガ、スソワキガなどと呼ばれています。また、アポクリン汗腺がもともと少ない人の場合、いくらワキに汗をたくさんかいたとしても、ワキガのにおいにはなりません。

ワキガは体質

2つの汗腺

ワキがくさい、乳首や陰部がくさいということになると、「不潔」というイメージを持たれてしまいがちですが、ワキガをはじめとするアポクリン汗腺からかく汗のにおいは、不潔であることとは関係がありません。いくら毎日お風呂で洗って清潔にしていてもワキガのにおいは無くならず、1つの体質です。ワキガ体質は遺伝が大きく影響すると言われています。悪いものではないのですが、日本の場合はワキガ体質の人の数が人口に対して少なく、においに敏感な国民性もあって、ワキガの人は悩みが深くなってしまいがちです。

アポクリン汗腺からかく汗は性ホルモンとの関連があり、性成熟が始まる小学校高学年から20歳ごろにかけてワキガも強くなります。一番周囲からの評価を気にする年頃でワキガがでて、正しい知識がないまま自分が不潔だと悩み、心に傷を負ってしまうケースもあります。

においへの対処

2つの汗腺

以上のように、汗くささとワキガはその仕組みがまったく違うので、対処の方法も変わります。誰しもにおこる汗くささは、日常の注意で防ぐことができます。汗をそのまま放置していると雑菌が繁殖してにおいがでやすくなるので、こまめに汗をふいたり着替えたり、制汗スプレーなどを使えば汗くささはほとんど気にならなくなります。汗くさくなってしまったとしても、お風呂に入ればにおいはしなくなります。

しかしワキガのにおいは、そのような対処では防ぐことができません。ただ、ワキガの人がエクリン汗腺からの汗も同時にたくさんかくと、相乗作用でワキガのにおいが強くなるので、通常の汗対策も有効です。それに加え、ワキガ専用のデオドランドクリームを使ったり、体臭に効果のある石けんで体を洗ったりすると、だいぶにおいが緩和されます。

最近は、ワキガ対策にも色々な方法があります。根本的にワキガを改善したい場合には、ワキガ治療を行っているクリニックで相談してみましょう。

ワキガ・スソワキガ・多汗症治療はビューホット

ワキガ治療はビューホット

ワキガ・スソワキガ・多汗症治療を検討されている方には、「ビューホット」をおすすめいたします。

傷を作らず、施術時間も短いため、手術に抵抗を感じている方も、気軽に効果を期待いただけます。

従来の治療法とは異なる、最新の治療「ビューホット」に関して、ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。

ビューホット治療の詳細はこちら

ビューホット治療はぜひツツイ美容外科で!

ツツイ美容外科では、ドクターがあなたの症状を診断し、最適の治療方法について、詳しくご説明いたします。

また、1回の治療で効果が弱かったり、さらに改善させたい場合は、1年間限定で、消耗品のカートリッジ代(43,200円)のみで1回だけ再照射できる、1年間保証付き!
※3回目以降や、1年間保証期間後は、3年間まで通常金額の半額で再照射可能です。

今すぐWebで施術の予約をする

料金

ビューホット
ワキガ 324,000円(税込)
スソワキガ 378,000円(税込)
チチガ お電話でお問い合わせください

ビューホットのお得なセットプランできました!

家族(2名)セットプラン

家族2人両ワキ
※詳しい料金はTelやメールにてお問い合わせください

2点セットプラン

両ワキ+スソワキガ
※詳しい料金はTelやメールにてお問い合わせください

両ワキ+チチガ
※詳しい料金はTelやメールにてお問い合わせください

3点セットプラン

両ワキ+スソワキガ+チチガ
※詳しい料金はTelやメールにてお問い合わせください

オススメケアアイテムをご紹介!

エンビロン ラポリス ボディシャンプー 1,728円
エンビロン ミクロクレンジングタオル 1,620円
エンビロン デリケートクリーム 3,780円

抗酸化ビタミンやティーツリー葉油を塗布することで、感染症の予防や術後の傷の治りを早くする等、より良い環境つくりをサポートします。