大阪の美容整形・美容外科・美容皮膚科【心斎橋駅徒歩1分】

医療法人ツツイ美容外科 美容整形・美容外科・美容皮膚科

最新テクノロジーで素早・キレイに高い効果を実感!新たな素肌を再生する、革新的なレーザーPicoレーザー

こんなお悩みありませんか?

ワントーン明るい肌に、ピンとしたハリの肌に、素肌でもキレイに、毛穴の目立たない陶器肌に、滑らかな肌質に

その理想、「ピコシュア」で叶えませんか?

ピコシュアとは

ピコシュアとは

ピコシュア(pico sure)は、レーザー業界世界最大手:サイノシュア社が開発した世界初のピコレーザーです。
ピコレーザーの中でも、「シミ」「しわ」「ニキビ跡」「タトゥー(刺青)」と広い分野でアメリカFDAの許可を取得しています。
他社にもピコレーザー(エンライトン・ディスカバリーPico・ピコウェイ)が存在しますが、「シミ・しわ・ニキビ跡・タトゥー」と幅広い分野で許可を受けているのはピコシュアだけです。
ピコシュアは、755nmの波長を使用する為、他の1064nmのピコレーザーに比べ、メラニン色素に対する吸光度が3倍と高く低エネルギーでも非常に効果の高い治療になります。

ピコトーニング

ピコトーニングでクリアな肌に!!

ピコトーニングとは、ピコ秒のレーザーを肌に照射することで、メラニン色素を少しづつ分解・排出していき、シミやくすみを薄くしていく治療です。
Qスイッチレーザーによる微弱なレーザートーニングよりも多少刺激はありますが、より高い治療効果が期待できます。
通常のレーザーや光治療では逆に悪化してしまいやすい肝斑の治療に効果的である他、お肌全体のくすみを取り除いて、明るくクリアな美肌を実現することができます。

ピコシュアは超短時間の照射(ピコ秒)で、しかも熱作用は少なく、主に衝撃波で色素を粉砕するため、肌への負担が少なく、Qスイッチレーザーに比べて炎症後色素沈着等の副作用のリスクも少ない治療です。
ピコトーニングは、1回でもお肌のトーンアップを少し実感していただけますが、肌質の改善効果をより実感していただくためには、5~10回程の治療をオススメしています。

ピコレーザーとは

ピコトーニングはこんな方にオススメ

  • お肌のトーンアップしたい方
  • 従来のトーニングではあまり効果が分からなかった方
  • 全体のくすみが気になる方
  • 長いダウンタイムが取れない方

  • フォーカスレンズ
  • ピコシュア

次世代のフラクショナル治療でいろいろな肌のお悩みを解消!!

ピコダブルは、ピコトーニングとピコフラクショナルの2種類の治療を複合的に使ったアンチエイジングの美肌治療です。
まずはピコトーニングで色ムラやくすみを改善。
その後、ピコフラクショナルで、シワ・毛穴の開き・ニキビ・肌のハリを治療していきます。最も効果的な治療をお望みの方向けのピコシュアの治療です。

治療後は、肌表面にかさぶたができることなく赤みが出る程度です。

肌を傷つけずに真皮のコラーゲンやエラスチンを増加させ、肌のハリやニキビ跡といった肌質そのものの改善が期待できます。ピコダブルは、肌の若返りにも非常に高い効果を発揮します。

ピコフラクショナルとは?

ピコシュアには、オプションでハンドピースの先端にフォーカスレンズを取り付けることが出来るようになっています。
このフォーカスレンズは、ピコシュアの美肌治療には欠く事ができないくらい高度な技術が内在しています。
このレンズを付けると点状に多数の高いパワー照射(フラクショナル照射)が可能となります。
これによって皮膚深層(真皮層)の繊維芽細胞を、刺激し、コラーゲンやエラスチンの生成を促し、肌のハリや毛穴の引き締め、小ジワ及びニキビ跡の改善効果がもたらされます。

フラクショナル照射、フォーカスレンズ

ピコダブルはこんな方にオススメ

  • 毛穴の開きを改善したい方
  • 凸凹のあるニキビ跡でお悩みの方
  • ハリツヤをアップしたい方
  • お肌全体を若返らせたい方
  • 肝斑が気になる方
  • 肌質を改善したい方

ピコシュアの中で最も美肌が期待できる治療

ピコトリプルとは、「ピコトーニング」と「ピコフラクショナル」と「ピコスポット」の3つの照射をおこなうことで、濃いシミやニキビ跡、小じわ、肌のハリ、ソバカス、ニキビ、くすみなど、一般によく見られる肌のトラブルを改善し、美しく若々し肌にする治療法で、現在行われているフォト治療やRF(高周波)治療、レーザー治療の中では最も美肌効果が期待できる治療と考えています。

治療後は、肌表面にかさぶたができることなく赤みが出る程度です。

肌を傷つけずに真皮のコラーゲンやエラスチンを増加させ、肌のハリやニキビ跡といった肌質そのものの改善が期待できます。ピコダブルは、肌の若返りにも非常に高い効果を発揮します。

ピコスポットとは

当院のピコレーザー(ピコシュア)には、3通りの照射方法があります。
1つ目は、ピコトーニング照射です。これは弱いパワーで顔全体に当てていく方法です。ピコトーニングは、くすみを改善して肌のトーンを明るくすることができます。ただ、シミやソバカスを改善するには、何回か治療を繰り返す必要があります。
また、真皮層のコラーゲンを増やす作用は弱いので、毛穴の引き締めやニキビ跡の改善効果はあまり期待できません。

2つ目はピコダブルで行っているようにピコフラクショナル照射です。こちらも顔全体に照射していきます。これはフォーカスレンズという特殊なレンズを、ピコトーニング用のハンドピースを先端に装着して照射する方法です。
フォーカスレンズを装着することで、単純なピコトーニングよりピコレーザーのエネルギーが皮膚の深い層(真皮層)まで届き、シミやソバカスをはじめ、ニキビや毛穴の改善効果が期待出来ます。

そして3つ目は、ピコトリプルでおこなっている、ピコスポット照射です。
これはハンドピース自体が、ピコトーニングやピコフラクショナルとは異なり、ピコスポット用のハンドピースを使用します。
ピコレーザーのエネルギーもピコトーニングやピコフラクショナルよりも一桁多くなります。ですからピコスポットは顔全体に照射するのではなく、ピコダブルでも取れない濃くて深いシミや、ニキビ跡、小じわ等よりパワーが要求される部位に局所的に照射します。

ピコトリプルはこんな方にオススメ

  • 1回の治療でできるだけしっかりとシミが取りたい方
  • Qスイッチレーザーで取ったが満足できない方
  • テープを貼らずにシミ取りがしたい方
  • 顔のはっきりとした濃いシミがたくさんある方
  • お肌のトラブル全体をトータルに改善したい方

ピコレーザーとは

ピコというのは単位の名前です。
1秒の1000分の1が1ミリ秒で、その1000分の1がマイクロ秒、そしてその1000分の1がナノ秒で、さらにその1000分の1が1ピコ秒になります。つまり1秒の1兆分の1秒が1ピコ秒ということになります。

脱毛用のレーザー、例えばジェントルレーズでは、3ミリ秒といった照射時間です。
従来よりシミやホクロの治療に使っているQスイッチレーザーは(トライバンテージの場合)50ナノ秒です。
そしてピコレーザーは(ピコシュアの場合)550ピコ秒と750ピコ秒といった超短時間での照射が可能になっています。

ピコレーザーとは

レーザー照射時間が短いとどんなメリットがあるの?

レーザー照射時間が短いとどんなメリットがあるの?

レーザーの照射時間が短いとそれだけレーザーの熱作用が周囲組織に及ぼす影響(ダメージ)が少なくてすみます。
更にピコレベルの短い照射時間になると、皮膚のより深部までレーザーのエネルギーが到達して治療をおこなうことができるようになります。

ピコレーザーの場合はQスイッチレーザーよりも周囲へのダメージが少ない分、炎症後色素沈着等の合併症のリスクも少なくなります。
因に、脱毛用のレーザーは、ピコレーザーに比べるとはるかに照射時間が長いです。
それは、毛根にしっかりと熱を蓄積して、毛乳頭や毛丘の毛包幹細胞を完全に破壊する必要があるからです。
ピコレーザーの場合のターゲットは、毛のような大きいものではなくて、メラニン(メラノソーム)や、タトゥーの刺青粒子といった、はるかに微小なものなので、ピンポイントでそこだけを破壊すればよいので、照射時間が短いほど破壊力も強く、周囲組織へのダメージが少なくて済むので、メリットが大きくなります。

ピコレーザーを毛に照射すると、毛のメラニンに反応して毛が白くなりますが、毛は抜けません。ですから、有毛部のアザやアートメイクにピコレーザーを照射しても、ハゲることはありません。

シミやタトゥーに対するレーザーの作用

  • シミやタトゥーに対するレーザーの作用
  • シミやタトゥーに対するレーザーの作用

レーザーから出る光のエネルギーは、シミの中のメラニン色素(メラノソームという小さな袋状の粒子)や、タトゥーの中の刺青粒子に一度吸収されます。
そして、その時発生する(Qスイッチレーザーの場合は)熱エネルギーや(ピコレーザーの場合は)衝撃波のエネルギーによってそれらの粒子が破壊されます。
その後、異物を処理する細胞(マクロファージ)が、破壊によってさらに小さくなった粒子を貧食して消化して、色素が取り除かれていきます。

Qスイッチレーザー(ナノ秒レベル)は、大きな粒子を小さな粒子に破壊しますが、ピコレーザー(ピコ秒レベル)では、さらに小さく粉砕することができるので、それらを処理する細胞(マクロファージ)も処理しやすくなります。
特にタトゥーの場合は、ピコレーザーの方がQスイッチレーザーよりも半分くらいの治療回数で除去が可能になりました。

また、肌へのダメージもQスイッチレーザーよりも少なく火傷のリスクも少なく綺麗に治療することができるようになりました。

当院はレーザー治療とビタミンA治療の併用をおすすめしています

クールビタミントリートメント

クールビタミントリートメント

ビタミン美容液をレーザー治療後のお肌に塗布し、海藻に含まれる成分(アルギン酸塩)を主成分としたクーリングパックを使用し、イオン導入をおこないます。
ビタミンAはシミ・しわ・くすみといった紫外線が原因で起こる肌トラブルを改善し酸化から守り強い肌を作ってくれる働きがあります。
また、ビタミンCは美白効果や毛穴の引き締め効果を高めます。
ビタミンの浸透とレーザー後のお肌のクールダウンを同時におこなえるため、ピコレーザーの治療のあとにオススメです。

※レーザー治療後のアフターケア・クールビタミントリートメントは、当院併設の3Fフロアでおこないます。 エンビロンとは

施術サマリー

施術時間 30~40分程度
麻酔 なし(痛みに弱い方は麻酔クリームをおこないます。有料2,000円(税込))
痛み 少しチクチクした熱い痛みがあります
ダウンタイム 腫れや傷跡はありません
直後は、レーザー特有の赤みが出ますが。
しっかりクールビタミントリートメントをするので、すぐに引いていきます
シャワー・入浴 シャワーは当日より可能
入浴は当日より可能ですが、お身体を温めると赤みが出やすくなる場合がありますので長い時間の入浴は避けてください。
メイク 当日より可能
通院ペース 1か月程度あけていただくと次回の照射が可能です
シミの種類や深さ、肌の状態により治療効果や回数に差があります
注意事項 施術後は乾燥するので、保湿を心がけ日焼け止めを必ず使用してください

料金

ピコトーニング

くすみ・トーンアップ 【顔全体】21,600円
【顔全体+首】38,880円
【デコルテ】21,600円
【手の甲】16,200円
【背中上半分(首の付け根+肩甲骨)】43,200円

※クールビタミントリートメント1回付き


ピコダブル(ピコトーニング+ピコフラクショナル)

毛穴・ニキビ跡・肝班・シミ・ソバカス・ハリ・シワ 【顔全体】54,000円
【顔全体+首】97,200円
【デコルテ】54,000円
【手の甲】43,740円
【背中上半分(首の付け根+肩甲骨)】108,000円

※顔全体または、顔全体+首はクールビタミントリートメント3回付き
 それ以外の部位はクールビタミントリートメント1回付き。


ピコトリプル(ピコスポット+ピコトーニング+ピコフラクショナル)

しっかりピンポイントでシミ取り・毛穴・ニキビ跡・肝班・シミ・ソバカス・ハリ・シワ・ADM 【顔全体】108,000円
【手の甲】81,000円
【背中上半分(首の付け根+肩甲骨)】216,000円
※顔全体または、顔全体+首はクールビタミントリートメント3回付き
 それ以外の部位はクールビタミントリートメント1回付き。
★その他の部位をご希望の場合はお問い合わせ下さい。

症例写真

シミ1回治療

Before
Before
3回治療後
After

シミ4回治療

Before
Before
After
After

シミ5回治療

Before
Before
After
After

シミ1回治療

Before
Before
After
After

手の甲 シミ1回治療

Before
Before
After
After

ニキビ跡2回治療

Before
Before
After
After

肝斑5回治療

Before
Before
After
After

シミ1回治療

Before
Before
After
After

シミ・シワ2回治療

Before
Before
After
After

シミ・そばかす1回治療

Before
Before
After
After

シミ・肝班5回治療

Before
Before
After
After

シミ・肝班1回治療

Before
Before
After
After

ニキビ跡4回治療

Before
Before
After
After

ニキビ跡5回治療

Before
Before
After
After

肝斑3回治療

Before
Before
After
After

肝斑5回治療

Before
Before
After
After

太田母斑1回治療

Before
Before
After
After

目の周りのシワ4回治療

Before
Before
After
After