大阪の美容整形・美容外科・美容皮膚科【心斎橋駅徒歩1分】

医療法人ツツイ美容外科 美容整形・美容外科・美容皮膚科

最新テクノロジーで素早・キレイに高い効果を実感!新たな素肌を再生する、革新的なレーザーPicoレーザー

ピコシュアの主な魅力

早く除去が終了

従来のQスイッチレーザーの1/2の回数で治療が済みます。

カラフルな刺青・タトゥーを消したい

今までは、色が入っている場合レーザーでは、治療が難しく、外科的治療しかありませんでしたが、ピコシュアなら多彩な色にも効果を発揮します。
755nmと532nmの波長を使う事で、ほとんどの色のタトゥーに対応できます。現在当院では、ピコシュアは755nmのみを使用しています。赤・燈についてはQスイッチレーザーの532nmで対応させて頂いています。

レーザーの種類 機種名
ピコレーザー ピコシュア当院導入機
レーザーの種類 機種名
ピコレーザー ピコシュア当院導入機

何度か施術を受けたが消しきれなかった

従来のレーザー治療で消しきれなかった場合も、ピコシュアなら治療可能です。

痛みが少なくきれいに消える

従来のレーザーに比べると少ない熱量で高い効果が出るため、ケロイドや瘢痕などの副作用が大幅に抑制され、痛みも軽減されました。

症例写真

  • 症例写真1
  • 症例写真2
  • 症例写真3
  • 症例写真4
  • 症例写真5
  • 症例写真6
  • 症例写真7
  • 症例写真8

ピコレーザーとは?

ピコというのは単位の名前です。
1秒の1000分の1が1ミリ秒で、その1000分の1がマイクロ秒、そしてその1000分の1がナノ秒で、さらにその1000分の1が1ピコ秒になります。つまり1秒の1兆分の1秒が1ピコ秒ということになります。

脱毛用のレーザー、例えばジェントルレーズでは、3ミリ秒といった照射時間です。
従来よりシミやホクロの治療に使っているQスイッチレーザーは(トライバンテージの場合)50ナノ秒です。
そしてピコレーザーは(ピコシュアの場合)550ピコ秒と750ピコ秒といった超短時間での照射が可能になっています。

単位表

ピコシュアとは?

ピコシュアレーザーは医療皮膚科レーザーのトップメーカ米国サイノシュア社が開発した世界初のピコセカンド(ピコ秒:1兆分の1秒)医療レーザーです。
これまでのレーザーでは除去の難しかったシミやタトゥーも従来のレーザーよりも少ない痛みで早くきれいに除去できることが大きな特徴です。

他のピコレーザーに比べて、ピコシュアはシミ治療やタトゥー除去だけだはなく、ニキビ跡や毛穴、くすみ、肝斑など、さまざまな症状に適応することのできるピコレーザー機です。

ピコ秒という照射期間が非常に短くなったことで、皮膚への熱作用が非常に少なくなり、衝撃派によるエネルギーで色素の破壊ができるようになりました。
その結果、今まで破壊することが難しいとされてきたTATTOの色素であっても、ピコレーザーになったことで破壊しやすくなりました。
サイノシュア社のピコシュアは、一般のピコシュアでは対応しにくい青に対しても十分な効果が得られます。

ピコシュアとは?

従来機(Qスイッチレーザー)との比較

今までタトゥー・刺青・アートメイクのレーザー治療は、Qスイッチレーザーというレーザーが主流でした。ある一定の量の光をどれくらいの時間照射するかによって治療効果は変わってきます。

従来のQスイッチレーザーは、ナノ秒という単位でレーザー照射したいましたが、ピコレーザーは、ナノ秒の1000分の1のピコ秒でレーザー照射します。
それにより、Qスイッチレーザーでは対応の難しかった赤・オレンジ・黄色にも高い効果を発揮します。
ピコシュアでは、超短時間(550~750ピコ秒)の衝撃波で破壊するため色素が非常に小さな粒子レベルまで粉砕されます。
非常に細かく粉砕された色素は皮膚の代謝作用により、より早く消退していきます。

従来機(Qスイッチレーザー)との比較

  従来のQスイッチレーザー ピコシュア
消せない色がある 全色対応(フルカラー)
治療回数 数回~数十回以上かかることがある 従来の約1/2の回数で消せる
痛み 強い Qスイッチより少ない
特徴 インク粒子を熱破壊する為、火傷や瘢痕等のリスクがある。
細かい粒子を残存する。
インク粒子を衝撃波で粉砕する為、表面のダメージが少ない。
細かい粒子まで、粉砕可能。

Qスイッチレーザー(ナノ秒レーザー)

ピコシュア(ピコ秒レーザー)

シミやタトゥーに対するレーザーの作用

レーザーから出る光のエネルギーは、シミの中のメラニン色素(メラノソームという小さな袋状の粒子)や、タトゥーの中の刺青粒子に一度吸収されます。
そして、その時発生する(Qスイッチレーザーの場合は)熱エネルギーや(ピコレーザーの場合は)衝撃波のエネルギーによってそれらの粒子が破壊されます。
その後、異物を処理する細胞(マクロファージ)が、破壊され、さらに小さくなった粒子を貧食して消化して、色素が取り除かれていきます。

Qスイッチレーザー(ナノ秒レベル)は、大きな粒子を小さな粒子に破壊しますが、ピコレーザー(ピコ秒レベル)では、さらに小さく粉砕することができるので、それらを処理する細胞(マクロファージ)も処理しやすくなります。
特にタトゥーの場合は、ピコレーザーの方がQスイッチレーザーよりも半分くらいの治療回数で除去が可能になりました。

シミやタトゥーに対するレーザーの作用

こんなお悩みございませんか?

施術サマリー

治療内容 タトゥー・刺青・アートメイク除去
麻酔 表面麻酔(場合によっては局所麻酔)
治療時間 表面麻酔(必要な方)+除去時間(大きさによって異なる)
ダウンタイム 1週間ハイドロコロイドテープを貼っていただきます。
テープは1週間貼ったままの状態で過ごしていただきます。
レーザー照射部位は3~4週間程、軽度の赤みが見られます。
シャワー 患部が濡れなければ当日シャワー可能
入浴 1週間後から、皮膚の状態によっては可能
注意事項 レーザー照射部位はこすったり刺激を与えないように注意し治療期間中は日焼け止めを塗るなどの紫外線対策を心がけてください。

料金表

タトゥー除去・アザ除去
1㎠ 10,800円
2~5㎠ 21,600円
6~10㎠ 32,400円
11~30㎠ 43,200円
31~50㎠ 54,000円
51~100㎠ 64,800円
101~150㎠(はがきサイズ) 75,600円
151~250㎠ 86,400円
251~300㎠(はがき2枚サイズ) 97,200円
301~350㎠ 108,000円
351~400㎠ 118,800円
401~450㎠ 129,600円
451~500㎠(B5サイズ) 140,400円
アートメイク除去
眉(両側) 37800円 37,800円
アイライン(両側) 37800円 37,800円

※表面麻酔込+処置代込み
※2回目以降も同価格
★当院は施術料金にすべての料金を含みます。施術料金以外に一切別途料金は頂きませんのでご安心くださいませ。

レーザーによるタトゥー除去治療についてのご注意

レーザーによるタトゥー除去治療については、タトゥーの色素の量、入っている深さや皮膚の状態などによって、効果に個人差があります。
治療例は、あくまで目安ですので、何回で消えるといった保証はできない事をご了承ください。