※当院の症例写真は、画像処理により形や大きさをかえるような処理は一切おこなっておりません。

【症例写真】脂肪を吸引する手術(顎)

症例写真

詳細

脂肪を吸引する手術(顎)の症例写真です。

 

写真上:施術前

写真下:施術6ヶ月後

 

当院の脂肪を吸引する手術は吸引器で強引に吸引せず、手の力のみでソフトに吸引します。局所麻酔は少しチクチクしますが、我慢できる程度の痛みで、吸引中はほとんど痛みはありません。直径2ミリという極細のカニューレ(吸引管)でソフトに吸引するので神経や血管も傷つきにくく術後の痛みが内出血も少なくて済みます。当院の院長は脂肪を吸引の手術を27年間で3000症例以上経験していますので、術後の仕上がりもキレイです。

 

【手術内容】

脂肪を吸引する手術(顎)

直径2㎜の極細の吸引管を使用し、手の力のみで脂肪によるふくらみを改善し、形を整えていく治療です。

【費用】

 顎 165,000円(税込)

※必ずカウンセリングをお受けいただく必要があります。診察料別途要

【リスク・副作用・合併症】

腫れ・手術中の痛み/術後の内出血/化膿/だるさ/熱感/痒み/むくみ/凸凹/しこり/違和感/異物感/しびれ

▼▼脂肪を吸引する手術の詳細はこちら▼▼

施術詳細バナー

【症例写真・アンケート】 脂肪を吸引する手術(頬+顎)

症例写真

詳細

脂肪の吸引する手術(頬+顎)モニター症例写真・アンケートです。

 

《 術前 》
フェイスラインの左右差の改善と全体的に顔をもっとほっそりさせたいということで来院されました。左のフェイスラインのふくらみが強く、左右非対称の状態でした。左側の脂肪を多めに取って左右差を少なくすることにしました。右頬と右側の顎から25cc、左頬と左側の顎からは40ccの脂肪を吸引しました。
 
《 1週間後 》
腫れが少し出ていますが内出血もなく順調な経過です。術後、インディバ(高周波・温熱療法)を受けられて、脂肪層の傷が硬くなることもなく、良い経過を辿られました。
 
《 6カ月後 》
左フェイスラインのふくらみが大幅に改善し、右側も少し引き締まった状態になっています。
左右差も手術前より少なくなっているように思います。
 
《 術前 》
左フェイスラインのふくらみが強く見られました。
 
《 6カ月後 》
術後はふくらみが取れて、フェイスラインがはっきりしています。また、顎下のふくらみも取れています。
 
脂肪の吸引手術は脂肪を根こそぎたくさん取り除けばよいという手術ではなく部位ごとに適切な量の脂肪を取り除き、いかにキレイに仕上げるかということが重要です。脂肪が柔らかく、取りやすい部分からたくさん脂肪を吸引して、取りにくい部分を残してしまうと、不自然な凹凸の影が出来てしまうことがあります。技術力によって結果に違いが出る手術でもあります。

【手術内容】

脂肪の吸引手術

直径2㎜の極細の吸引管を使用し、手の力のみで脂肪によるふくらみを改善し、形を整えていく治療です。

【費用】

頬+顎 220,000円(税込)

※必ずカウンセリングをお受けいただく必要があります。診察料別途要

【リスク・副作用・合併症】

腫れ・手術中の痛み/術後の内出血/化膿/だるさ/熱感/痒み/むくみ/凸凹/しこり/違和感/異物感/しびれ

▼▼脂肪の吸引手術の詳細はこちら▼▼
施術詳細バナー
 

【症例写真・アンケート】脂肪の吸引手術(頬)

症例写真

詳細

頬の脂肪吸引手術(頬)のモニター症例写真・患者様アンケートです。

 

頬のふくらみを取り除いて、ほっそりしたフェイスラインにしたいということで来院されました。

皮下脂肪の厚みは多くはありませんでしたが、変化が出る程度はありましたので脂肪吸引を行なうことにしました。

局所麻酔下で、口角の内側の粘膜から直径2ミリのカニューレを入れて、左右25ccずつ合計50cc程度の脂肪を吸引しました。

 

《1週間後》

まだ半分くらい腫れが残っています。内出血は見られません。

 

《1ヵ月後》

腫れがほとんど引いた状態です。

 

《6ヵ月後》

脂肪が吸引されて少なくなったことと脂肪層の傷が引き締まった効果で、口周囲と頬骨のふくらみがとれた感じがします。

また、フェイスラインから顎にかけて、ほっそりとなった感じがします。

 

【手術内容】

脂肪の吸引手術(頬)

直径2㎜の極細の吸引管を使用し、手の力のみで脂肪によるふくらみを改善し、形を整えていく治療です。

【費用】

頬 165,000円(税込)

※必ずカウンセリングをお受けいただく必要があります。診察料別途要

【リスク・副作用・合併症】

腫れ・手術中の痛み/術後の内出血/化膿/だるさ/熱感/痒み/むくみ/凸凹/しこり/違和感/異物感/しびれ

 

▼▼脂肪吸引の詳細はこちら▼▼

施術詳細バナー

【症例写真】脂肪を吸引する手術(顎)

症例写真

詳細

顎の脂肪を吸引する手術のモニター症例写真です。

 

《術前》

顎と首の境が分からないくらい肉がついているので、フェイスラインがすっきりなるようにして欲しいという事で来院されました。

触診すると、皮下脂肪がたくさんついている状態でしたので、脂肪吸引をおすすめしました。

 

《1週間後》

手術当日はかなり腫れが出ますが、1週間ほどで半分位腫れは引きます。フェイスマスクで圧迫すると、さらに腫れは引きやすくなります。

1週間後、まだ腫れが残っていて内出血も少しあります。

 

《1ヵ月後》

1ヶ月位するとほとんど腫れも引き、仕上がりに近い状態になりますが、まだ少し腫れが残り、脂肪層にできた傷もまだ固さがあります。

 

《6ヵ月後》

半年後になると完全に腫れは引いて、傷も柔らかくなり仕上がりの状態になります。術前は顎と首の境界線がはっきりしていませんでしたが、はっきりした顎のラインが出来ています。

因みに、皮下脂肪はある程度取っていますが、それによってたるみが出ていないのが分かるかと思います。

 

【手術内容】

脂肪を吸引する手術(顎)

直径2㎜の極細の吸引管を使用し、手の力のみで脂肪によるふくらみを改善し、形を整えていく治療です。

【費用】

顎 165,000円(税込)

※必ずカウンセリングをお受けいただく必要があります。診察料別途要

【リスク・副作用・合併症】

腫れ・手術中の痛み/術後の内出血/化膿/だるさ/熱感/痒み/むくみ/凸凹/しこり/違和感/異物感/しびれ

 

▼▼脂肪を吸引する手術の詳しい詳細はこちら▼▼

施術詳細バナー

 

【症例写真】脂肪を吸引する手術(頬)

症例写真

詳細

頬の脂肪を吸引する手術のモニター写真です。

 

《術前》

頬の下のふくらみをほっそりさせたいという事でご来院されました。

頬骨の部分は触らずに、口の横の輪郭部分の脂肪を吸引しました。

 

《2週間後》

腫れがまだ残っていますが、術前より膨らみは改善しています。

 

《2ヶ月後》

ほとんど腫れが引いて、頬下方から顎にかけてフェイスラインがシャープになっているのが分かります。

 

【手術内容】

脂肪を吸引する手術

直径2㎜の極細の吸引管を使用し、手の力のみで脂肪によるふくらみを改善し、形を整えていく治療です。

【費用】

頬 165,000円(税込)

※必ずカウンセリングをお受けいただく必要があります。診察代金別途要

【リスク・副作用・合併症】

腫れ・手術中の痛み/術後の内出血/化膿/だるさ/熱感/痒み/むくみ/凸凹/しこり/違和感/異物感/しびれ

▼▼脂肪を吸引する手術の詳しい詳細はこちら▼▼

施術詳細バナー

  • WEBで予約する
  • メールで予約する