二重まぶた

二重まぶたの種類とそれぞれの特徴

二重まぶた

二重に憧れる女性は多いですが、二重にも様々な幅や形があり、その印象や雰囲気も大きく異なります。手術で二重まぶたになりたいと思ったときも、ただ単に「二重になりたい!」と希望するのではなく、どういうイメージの目になりたいか、自分に合っている二重はどのようなものかなどを事前に考えておくと、手術の後に「こんなはずじゃなかった…」ということも防げます。二重には、どのような種類があるのでしょうか。大まかな分類とそれぞれの特徴をご紹介します。

大きく分けると二重の種類は4つ

  • ・二重のラインが隠れている奥二重型

    一応二重の形状はあるものの、まぶたの脂肪がかぶさったり二重のラインが目の縁に近すぎたりして、パッと見は一重まぶたに見える二重です。年齢とともにまぶたの脂肪が減ったり、やせて顔のむくみがとれたりすると、意外なほどはっきりとした二重まぶたに変化するケースもあります。

  • ・涼しげな印象の末広型

    二重まぶたのラインが目と平行にならず、目の中央あたりから目尻に向かって幅が広くなるような形の二重です。パッチリとした目というよりは、切れ長で涼しげな印象になり、アジア女性には多いタイプです。華やかな雰囲気にはなりにくいですが、控えめな上品さで幅広い層の人に人気があります。

  • ・大人っぽい印象の幅の狭い平行型

    二重のラインが目のカーブと並行で、目と二重のラインの距離が近いタイプです。平行型の二重は基本的に目が大きく見えますが、幅によってだいぶ印象は違います。二重の幅が狭い平行型は、どちらかといえば落ち着いて、大人っぽい雰囲気になることが多いようです。

  • ・人形のような幅の広い平行型

    一方、同じ平行型でも二重の幅が広くなると、よりパッチリとしてお人形のような華やかな目になります。西洋の人には多いタイプの二重です。つけまつげ、マスカラ、アイラインなど派手なメイクも映えるので、若い人にはとくに人気があります。ただ、幅が広くなりすぎると、かえって少し眠そうな印象を与える場合もあります。

どの目にもそれぞれの魅力がある

どのようなタイプの二重にも、それぞれの魅力や特徴があります。二重に限らず、一重にも、一重のよさがあります。西洋の男性にはアジア女性の一重まぶたが人気とも言われていますし、一重まぶたには清楚で可愛らしい印象があります。年齢を重ねても変化しにくく、若々しい印象を保ちやすい傾向もあります。
美しい見た目に大切なのは、他のパーツや雰囲気との調和です。必ずしもパッチリとした二重まぶたの方が美しいとは限りません。

ただ、まぶたが半分閉じたような状態になっていたり、まつげが下を向いて目に入りやすくなったり、片方だけが一重まぶただったりすると、悩みに感じやすいかもしれません。まぶたが腫れぼったいために、怒っていないのに不機嫌そうな印象を持たれたり、目つきが悪いと言われたりするのも、たしかに嬉しくはありません。その場合は、手術を考えるのも1つの方法でしょう。

事前によく相談をしましょう

きちんとしたクリニックの場合、二重まぶたの手術の際には事前にカウンセリングがあります。手術方法の種類やメリット・デメリット、料金や注意点について十分に納得のできる説明を受けておくのはもちろんですが、自分の方からも積極的に、なりたい二重のイメージをしっかりと伝えておきましょう。

手術で二重にするとしても、本来の自分の目とかけ離れた目になろうとすると、なかなか難しいかもしれません。自分の雰囲気や他のパーツとのバランスも考え、他の人の写真なども参考にしながら、なりたい二重のイメージを明確にして、医師とよく相談するようにしましょう。