二重まぶた

自然な二重を実現する方法とは?

二重まぶた

パッチリとした二重に憧れる女性は多いですよね。でも「アイプチでつくると不自然になったりとれたりするし、いっそ手術をしようかな…」と考えている人もいるかもしれません。一口に二重と言っても、幅や形には個人差があります。より自然な二重になるにはどうしたらいいのでしょうか。

手軽なアイプチには弱点も多い

アイプチは、メイクと同じように手軽な二重変身が楽しめるので、若い女性を中心に人気の商品です。水のりのようなタイプやシールタイプなどがありますが、ドラッグストアで簡単に買え、値段も手ごろです。上手に使えば、憧れのパッチリ二重が自分でつくれます。けれど、手軽な分だけ弱点も多く、自然な仕上がりにはなかなかなりません。

目を閉じても線がクッキリと残ってしまう

天然の二重の場合、まぶたの皮膚と筋肉が連動します。目を閉じれば二重の線は薄くなり跡が残るだけになるのが普通です。肌質によっては、跡すら残らないこともあります。一方、アイプチでつくった二重は、まぶたの皮膚だけを筋肉から離して無理やりくっつけた状態です。そのため、目を閉じても皮膚はくっついたままです。
せっかく綺麗な二重をつくり上げたつもりでも、目を閉じたときにアイプチとバレた…という人は少なくありません。

のりやシールが光って見えてしまう

アイプチでまぶたを貼り付けた後、はみ出したのりはふき取りますが、取りきれていない部分が光って不自然に見えてしまうことがあります。シールタイプのものも、自分のまぶたのラインや大きさにサイズが合っていないと、つくった二重の部分からシールがはみ出して見える場合もあります。自分で鏡を見てもあまり気づきませんが、少し離れた場所から他人が見ると、光の当たり方によっては、明らかにアイプチをしているとわかってしまうことがあります。

水で簡単に落ちてしまう

アイプチで使われているのりは多くが水溶性なので、当然顔を洗えば落ちるようになっています。アイプチはメイクの一部ですから、落ちないようでは反対に困るのですが、プールや温泉などにして行きたくてもできない難点があります。急に雨が降ってずぶ濡れになったとか、大量の汗をかいたとかいうときも、アイプチは落ちてしまいます。

表情が引きつって見えてしまう

天然の二重の場合、筋肉の部分から二重がつくられているので、それによって目が引っ張られたりすることはありません。しかし、アイプチでまぶたの皮膚だけを貼り付けた場合、本来とは違った方向に周囲の皮膚が引っ張られ、不自然に引きつった表情になったり、まつげがおかしな感じに見えてしまったりすることがあります。

まぶたにトラブルがおきる場合もある

まぶたの皮膚は、顔の中でもとくに薄くて繊細です。一重まぶたの人は比較的皮膚の厚みがあって丈夫な場合が多いですが、それでもくり返しアイプチをしていると皮膚が炎症をおこしたり、シワの原因になったりすることがあります。また、年齢とともにまぶたの弾力が失われ、皮膚が伸びてたるんでしまうこともあります。何かのトラブルがおきたときは、アイプチはもちろんアイメイク全体を止めて皮膚を刺激しないようにしましょう。それでも改善されないときには、皮膚科を受診しましょう。

二重=パッチリした目とは限らない

アイプチを使って二重をつくったり、手術を考えたりする人は、二重になりたいというより、パッチリとした目になりたいと希望する人が多いのではないでしょうか?天然の二重まぶたであっても目がパッチリしているとは限らず、二重の幅や形によっては、一重まぶたのように腫れぼったくなったり、二重が全然目立たなかったりする場合もあります。手術でつくる二重も同じで、幅や形が上手く自分の希望と合わず、再度手術をする人もいるようです。

納得のいくまで相談をする

美容形成外科での二重手術をする際には、事前にカウンセリングが行われます。どのような手術の選択肢があるか、そのメリット・デメリットなどをしっかりと聞いておきましょう。自分のなりたい二重のイメージを正確に伝えるために、理想の二重の写真を持参したり、アイプチをして上手くいったときの画像を残しておいたりすると、より相談がスムーズに進みやすくなります。後で後悔しないためにも、納得のいくまで相談をしましょう。

まぶたの構造によっては希望通りにいかないことも

とはいえ、人にはそれぞれ生まれ持った骨格やまぶたの形状があるので、どれだけ万全の態勢で手術にのぞんでも、必ず希望通りの目になれるわけではありません。構造上手術にも限界はあり、また、他のパーツとのバランスもあります。自分本来の顔かたちを生かしながら、少し手を加えて良さを引き出してあげるという感覚で二重のイメージを考えると、より自然な二重を実現することが可能です。いずれにしても手術を検討するときは、きちんとしたカウンセリングをしてくれるところを選びましょう。