二重まぶた

二重まぶたを目指す方法とメリット・デメリットについて

二重まぶた

目を大きく見せて華やかな印象のある二重まぶたは、女性が憧れる代表的なパーツの1つと言われます。一重まぶたの人の中には、アイプチやメイクで二重に見えるようにしたり、まぶたにすじをつけて二重を目指したり、様々な努力をする人もいます。そして、確実な方法として、手術を希望する人もいるでしょう。ここでは、それぞれの方法のメリット・デメリットについてご紹介します。

手軽に二重気分を味わえるアイプチ

二重を叶える方法として、もっとも手軽なのはアイプチと呼ばれる化粧品をつかうことです。アイプチは、皮膚に使えるのりやシールでまぶたの皮膚を貼り合わせ、その場で二重のラインをつくるものです。水溶性の接着剤でまぶたの皮膚をくっつけるだけなので、洗顔をすれば簡単に落とせます。ドラッグストアで比較的安く手に入るので、若い女性には人気の方法です。

ただ、つくった二重がすぐにとれてしまったり、不自然な仕上がりになったりする欠点もあります。あまりくり返し使いすぎると、まぶたの皮膚に炎症がおきたり、皮膚が伸びてシワの原因になったりすることもあるので、注意が必要です。

地道な努力で二重がつくれる可能性も

まぶたの脂肪が減ったりムクミがとれたりすると、それまで一重まぶただった人に二重のラインが現れることがあります。また、毎日自分でまぶたに二重のくせを付け、二重まぶたが実現したという人もいます。しかし、まぶたがやせて二重のラインが現れる人は、元々奥二重だった人が多いようです。二重のラインは単なるまぶたの皮膚の線ではなく、筋肉の構造によって出来上がったものです。二重の要素のまったくない完全な一重まぶたの人は、いくらまぶたがやせても一重のまま…という可能性が高くなります。

くせ付けによる二重形成も、その効果が必ずでるとは限りません。人によっては全く効果が見えないこともあります。また、くせ付けのために、つまようじや尖った針を使う人がいますが、それはとても危険な行為です。まぶたの皮膚ばかりでなく、眼球までが傷つく恐れもあるので、注意しましょう。

確実性が魅力の手術にもデメリットはある

「二重になる」という目的だけを考えれば、一番確実なのは、美容外科で行われている手術です。二重手術には、埋没法と切開法という2つの方法があります。埋没法は、メスを使わず、まぶたの皮膚や組織を糸で縫い合わせることで二重のラインを形成します。メスを使わないということで、仕上がりが不満足なときにはやり直しもできる安心感がメリットです。しかしその反面、せっかくつくった二重がとれてしまうケースもあり、また、まぶたの脂肪の付き具合によっては、綺麗な二重が実現されないこともあります。

一方、メスを使った切開法は、より確実で華やかな二重がつくりやすい方法です。ただ、メスを入れるだけに、事前にデメリットについても納得のいく説明を受け、同意しておく必要があります。きちんとしたクリニックで行えば安全性は高いと言われるものの、メスを使うだけに当然リスクがともないます。埋没法と違い、仕上がりが気に入らないからと気軽にやり直すわけにはいきません。修正をする場合は再度手術が必要になり、体へのダメージも大きくなります。

埋没法にせよ切開法にせよ、事前のカウンセリングで十分な説明を受け、自分の希望も明確に伝え、メリット・デメリットをよく考えた上で手術を検討するようにしましょう。

美の基準は自分で決めるもの

現在の日本では二重まぶたが流行りですが、昔は一重まぶたこそが日本女性の美の条件と言われていた時代もあります。今でも、一重まぶたの方が素朴で若々しい印象があるから好きだという人もいます。

少しでも自分を魅力的に見せたい、美しくなりたいというのは当たり前の欲求で、決して悪いことではありませんし、実際にほんの少し手を加えるだけで、驚くほど変化をする人もいます。コンプレックスが解消されるのは、とても嬉しいものです。しかし、美の基準は人それぞれで、結局は自分がいいと思えるかどうかにかかっています。

周囲の評価やマスコミのあおりに影響されることなく、自分が二重まぶたになりたい理由は何か、二重まぶたを目指す方法のメリット・デメリットもよく考えたうえで、自分自身が納得し、よりよいと思える選択をするようにしましょう。

一重まぶたは見た目の問題だけではなく、まぶたが重く感じたり、開きにくく目にかぶっさたような状態になったりして不便なときもあります。また、まつげが下を向いて眼球にささってしまうこともあります。そのような場合は、手術を行う医療機関で相談してみるといいでしょう。