二重まぶた

二重まぶたと一重まぶたが分かれる要因とは?

二重まぶた

目もとは、その人の雰囲気を決める重要なパーツの1つです。パッチリとしていて丸い大きな目、切れ長で涼しげな目、幅の小さなつぶらな目など様々な目がありますよね。目の大きさ、白目と黒目の比率、目尻の角度、その他にも目の印象を左右する要素はたくさんありますが、中でも目立つ違いとしては、一重まぶたと二重まぶたとの違いがあります。
同じまぶたなのに、なぜそのような違いが生まれるのでしょうか?

一重と二重の違いは筋肉や脂肪の付き方で決まる

まぶたは体のパーツの中でも、複雑な動きを必要とする部分です。大切な眼球を守るために、皮膚、皮下脂肪、筋肉、瞼板が層をつくり、眼球の表面を保護する油分が分泌されるマイボーム腺、異物の侵入をシャットアウトする結膜など、色々な組織からまぶたは構成されています。その中で、一重まぶたと二重まぶたが人によって分かれる要因は、筋肉や脂肪の付き方の違いによるものです。

上眼瞼挙筋と脂肪の量がポイント

目の周囲の筋肉は眼輪筋(がんりんきん)と呼ばれますが、上まぶたの奥には上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)という筋肉も存在し、上まぶたを持ち上げる働きをしています。この筋肉は、一部がまぶたの芯となる瞼板と接し、枝分かれした部分はまぶたの皮膚と接しています。二重のラインがはっきりとしている人は、そのラインの部分で上眼瞼挙筋と皮膚が接してひっつき、筋肉の動きに合わせて皮膚が折りたたまれたような状態になっています。

まぶたの皮膚が筋肉の動きによって同時に引き上げられるので、そのようなことがおこります。まぶたのどのあたりで皮膚と上眼瞼挙筋がひっついているかによって、二重ラインの位置や傾斜も変わってきます。

しかし、中には上眼瞼挙筋が皮膚と接していなかったり、ひっつく力が弱かったりして、筋肉が動いても皮膚が折りたたまれない人もいます。この場合は二重のラインが形成されず、一重まぶたとなります。目の縁にそって筋肉と皮膚が接している場合も、まぶたに二重のラインは形成されません。目の縁よりわずか上方の皮膚にまぶたとの皮膚との接点がある場合は、二重のラインは形成されるもののほとんど前面からは目立たず、いわゆる奥二重の状態になります。

また、脂肪の量が多い場合は上眼瞼挙筋の状態に関わらず、皮膚に折り目は付きづらくなります。そのようなケースでは、筋肉の動きが脂肪に妨げられて、まぶたが開きにくくなってしまうこともあります。

二重のラインや位置を変えることは可能

一重まぶたの人を二重に変える方法としては、アイプチや医療機関が行う美容形成手術があります。アイプチは、のりやシールでまぶたの皮膚を貼り付け、一時的に二重のラインを形成します。ドラッグストアで買えて手軽ということもあり人気がありますが、不自然に見えてしまったり、まぶたの脂肪量が多いと上手くいかなかったりする難点もあります。それに毎日のようにくり返し使っていると、まぶたの皮膚が赤く腫れたり、トラブルの原因になってしまったりする恐れもあります。また、アイプチでは、元々二重の人のラインや位置を変えることはできません。一方、美容形成の手術では、様々なケースや希望に対応が可能です。

手術のメリットやデメリットをよく考える

美容形成の手術は、医師が行う医学的根拠に基づいた方法です。きちんとしたクリニックなら、まぶたの構造、筋肉や脂肪の状態なども見極めて手術をするので、確実性や安全性は高くなります。しかし、手術である以上は必ずリスクはゼロにはなりません。メスを使わない埋没法であっても、組織に手を加えるため、まったくリスクがないわけではないのです。

二重まぶたになりたい、二重のラインや位置を変えたいと希望する場合は、事前に丁寧なカウンセリングを実施しているクリニックを選び、納得のいく説明を受け、手術のメリット・デメリットについてもよく考えましょう。

生まれつき持ったまぶたの構造や肌質、骨格などによっては、希望どおりの二重は叶わないこともあります。自分の希望もしっかりと伝え、どのような方法が一番向いているか、医師とよく相談のうえ決めるようにしましょう。