二重まぶた

奥二重はパッチリ二重と何が違うの?

二重まぶた

本当は二重まぶたのはずなのに二重のラインが目立たず、見た目には一重まぶたと思われるような状態を奥二重と言います。二重まぶただとパッチリとした目になるはずなのに…と、悩んでいる人もいるかもしれません。奥二重とパッチリした二重の構造の違いについてご紹介します。

まぶたは筋肉の形状や脂肪の量によって様々

まぶたには上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)という筋肉があります。まぶたを開くときには、この筋肉が上方向に力を働かせてまぶたを引っ張り上げてくれます。一重まぶた・奥二重・パッチリとした二重まぶたなどの違いは、この筋肉の付き方や脂肪の量などによって決まります。

上眼瞼挙筋と皮膚がくっついる場所では、筋肉の動きに合わせて皮膚も一緒に動くため、目が開いたときに皮膚が折りたたまれるような形になり、これが二重のラインとして外から見えます。上眼瞼挙筋と皮膚がくっついている場所や脂肪の量、目の形とのバランスによって、幅広でパッチリとした二重になったり、幅が狭く控えめな雰囲気になったり、目の中央部から目尻に向かっての部分だけが二重になったり、様々な異なる特徴がでます。

しかし、まぶたの脂肪が多い場合は、皮膚は折りたたまれずまぶたが腫れぼったい感じになります。また、二重のラインが目のふちギリギリに形成されると、パッと見は二重のラインが目立ちません。これが、奥二重と呼ばれる状態です。

一方、完全に一重の人は、そもそも上眼瞼挙筋が目の縁にそって皮膚とくっついているため、二重のラインがまったく形成されない状態にあると言えます。

年齢や体型の変化でパッチリ二重になることも

奥二重の人の中でも、上眼瞼挙筋が目の縁より上側でひっついていて、まぶたの脂肪の多さによって二重ラインが目立たない人の場合、まぶたの脂肪が減ると、急にパッチリとした二重が現れることがあります。

年齢とともに二重になった…という話もよく聞かれますが、それは年齢とともにまぶたの脂肪量が減るからです。また、痩せてまぶたの脂肪が減ったときにも、同じような変化がおこることがあります。まぶたは脂肪だけでなく、むくみで腫れぼったくなっているケースもあるので、まぶた周辺のマッサージによってむくみがとれ、奥二重がくっきりとした二重になったという人もいるようです。

奥二重をパッチリした目に見せる方法

奥二重の人は、「せっかく二重なんだから、もうすこしパッチリした目にできたらいいのに…」と思う人も多いかもしれません。二重の線が薄くて目立たない場合には、メイク方法によって、パッチリとした華やかな目に見せることができます。けれど、目の幅自体が小さい人や脂肪の多い人は、メイクだけでは少し難しいかもしれません。

そのような場合、美容形成手術では、奥二重をパッチリとした二重にするが可能です。まぶたの脂肪を減らしたり、メスを使った切開法によって目の幅を変えたりすることもできます。しかし、先にも書いた通り、奥二重は年齢とともにはっきりとした二重に変化することがあり、若い頃に豊富だった脂肪が減ってくると、今度は反対にもっとふっくらとしたまぶたになりたいと希望する人もいます。

まずは自分の奥二重がどのような構造になっていて、どのような手術方法があるか、どのようなメリット・デメリットがあるかなど、カウンセリングでよく聞いたうえで検討する方がいいでしょう。

奥二重を生かしたメイク方法もある

奥二重の人は、「よりはっきりとした目元に」「完全な二重になりたい」と希望する人も多いですが、一方では、奥二重や一重にしかできないメイク方法というものもあります。まぶたにラインが目立たず脂肪が多いと、まぶたが全体的になめらかに見えます。それは二重の人にはない魅力です。

華やかなアイカラーを目尻にのせて、まぶたのなめらかな感じアピールするメイクなどを上手く取り入れ、自分本来の個性でのオシャレを楽しむ人もいます。奥二重の魅力を生かすか、パッチリとした二重を目指すか、どちらを選択するかは自分次第ですが、メイクも手術も、それぞれの特徴やメリット・デメリットがあります。派手な広告やメーカーの言葉だけに惑わされず、信頼のおけるクリニックを選んで相談し、自分の納得ができる方法を探してみましょう。